Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

COOL&SWEET!とにかくスタイリッシュ! 『ガンメタル・ブレイズ』

ガンメタル・ブレイズ (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

ガンメタル・ブレイズ (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

 同日発売の『セイクリッド・ドラグーン』と並び、完全新作なのに発売1週間前までネット上でもほとんど事前情報がなかった(笑)この作品。とにかくスタイリッシュで中二病なゲームだと一部で話題沸騰だったので早速買ってきました。既に幾つか情報は出ており、ミクシィ界隈だと初プレイ日記なども見つけられますね。

 うwはwww 超☆面白そうこのゲームwww



 やばいこれは。とにかくカラーページのクイックスタートのキャラ紹介が既にオモシロすぎてたまりません。サンプル台詞がみんな「ようこそ、俺の世界へ」とか「最高にキレたステージにご招待だ」とかそれ系でかなりキてます。もうへへっゴキゲンだねって感じですよ。
紹介の地の文がまた「剣と銃を同時に扱う最高にクールなファイター」「空間、次元、時間を支配するデンジャラスでホットなメイジ」とかそれ系のタームで満ち満ちています。やばいこれほんとみなぎってきますよ。w
『狩魔の紋章』と『鋼鉄の双牙』を合わせると漫画の『ブラック・ラグーン』の脇役解体屋組がそのまんまできますね。さすがにツインテールはまずいのか変えていますが、髪が緑の女の子の『天上の歌い手』はどう見てもヴォーカロイドなのでもう嫁にするしかってそういう話ではなくて、『双剣の輪舞』のおねいさんの持っている刃の途中に持ち手のある剣とか相当ヤバいですよ。とにかくスタイリッシュ。邪気眼がもれなく発動しそうです。w
 GF誌13thVol.3でも巻頭記事がありますが、舞台はファイナルファンタジー系に近い、独自技術が発達した20世紀ぐらいの世界。現実と同様のアメリカっぽい街並みやビルがあって、煙草やピアスのキャラもいて、その中で剣や銃や魔法を使っていちいちスタイリッシュな台詞を言ったりCOOLかつHOTな演出をキメたりしながら戦うゲームのようです。
 表紙の『断罪の銃剣』のカコイイ兄ちゃんが持ってるのはイラストだとベレッタM93R、二挺拳銃と言いながら左右で別の銃を持ってる『鋼鉄の双牙』のカッコメンの左手はHKのMP5K、右手はよく分かりませんね。アイテムを見ると現実の銃ではなく、ゲーム内世界アガスティアでのそれっぽい名前がちゃんと付けられてます。うーんスタイリッシュ。w
 世界設定や舞台のマーカスシティの設定を見ると、基本的に人名はカタカナ英語名、美少女もいますがスタイリッシュな私立探偵とかバーのマスターなんかもいてアメリカナイズな感じがします。中二病っぽさは『シルバーレイン』にも近いし、街並みはメタルヘッドの北米ぽい雰囲気もあるし、全体的にアメコミっぽい世界のようですね。カードに収録されているスタイリッシュな台詞も Damm it! などがあるし、アメリカっぽい洋画っぽいカッコよさがスタイリッシュな世界のようです。
 切り離し不要で便利な付属のカード、ブレイズトリガー/シチュエーションカードとしていろいろ書いてあるのですが、ここのシチュエーションに書いてある文がまたいちいちスタイリッシュ。読んでるだけでみなぎってくること必死です。w
 FEARゲーに慣れた人なら自然に演出しているかもしれない部分をルールでスタイリッシュに補強規定したゲームのようですね。みんなでゲラゲラ笑いながら開き直って中二病ムーブを繰り返すのが、想像できるプレイ風景なんでしょうか。
 作中のルール解説コラムの名前が「ジャックの優雅でスタイリッシュな午後」だったり、ルールブックはFEARゲー書式で真面目に作ってあるのですが、とにかくスタイリッシュ。COOL&SWEET。

 ぽっくんもスタイリッシュなガンアクションなんかはダイスキーなので、なんか銀髪ドレッドのマイワールドに招待されてこのゲームやらないといけない気がしてきました。スタイリッシュがココロの琴線に触れてしまったので、邪気眼を開いてもっとちゃんと読もうと思います。