Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

「ボス、これからはツインテールです。あっしらの時代はもう終わったんですよ‥‥」

 GF誌別冊に掲載のN◎VAリプレイのアイム公爵やブレカナ3rdの熱気が冷めやらぬ最近ですが。ゲーマーズ・フィールド誌の10-4がもう売られてますね。例によってTryarksさんの【三元の間】の GF 10th Vol.4レビュー に、興奮のアイサツと共に詳しいです。
 今回のN◎VAサポートページ『Neuro Beat!』は犯罪結社について。こうした世界設定回りは前から空白や矛盾があり、その時々でのオフィシャル設定がその時点での真実になるのですが。三合会、カーライル・シンジケート、河渡連合の3勢力が犯罪結社での世界的ビッグネームであり、巨大企業に匹敵する力を持ち、世界中のほとんどどの都市でも力を持っていると定義し直されています。その一段下にその他の勢力としてバーブチカ、秋川会、関東驚愕連合などが位置している扱いなんですね。
 特に河渡連合は最近とんと目立っていないので、いきなり世界規模と言われても戸惑う方も多いのではないでしょうか。(そして紅蓮は‥‥黒歴史の方向かっ?!)
 N◎VA-Dの時代ではシナリオのレッガー導入も以前よりは減り、キャスト同士の協力が当たり前となったプレイスタイルではレッガーメインの尖ったキャストも若干減少気味です。この記事の後の世界では盛り返すでしょうか? 追加アウトフィッツでは、ブースターとファミリーが使い道をいろいろと考えられそうですね。
 片目のジャックとエグゼク風ライダーさんに続いては、カーライルの殺し屋の女の子のゲストが載っています。しかしこのヴィルヴェリア‥‥
設定とイラストに反して、 ほんとうに ひどい データ だな !(゚∀゚)


それではよい黄金週間を! ヾ(´ー`)ノ