Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったblogです。最近の本や技術系の話など。

【感想】Laravelエキスパート養成読本

Laravelエキスパート養成読本

 2015年とちょっと古めの本ですが前回記事で別の本を読んだこともあり、再読したので感想をまとめてみます。PHPの海外産フレームワークで今熱いララベルの本です。

Laravelエキスパート養成読本[モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] (Software Design plus)

Laravelエキスパート養成読本[モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] (Software Design plus)

 大きい本屋でよく見るムックの養成読本シリーズで270ぺージ。サイズが大きいのでサンプルコードと文章が混ざっていても読みやすいです。出たのが2015年4月というタイミングがやや悪かったのか、Laravel4とLaravel5(2015年2月リリース)が両方混ざっています。

続きを読む

【感想】PHPフレームワーク Laravel入門

皆さんこんばんは。年末年始は時間もある方はゆっくりネットやTVを見たりしてリフレッシュできたでしょうか。
 気になる異性と日々を共有しちゃう可能性も考慮に入れると、スマホの日記アプリのUIに西暦表示は大事ですね!(入れ替わっちゃう某映画を唐突に語る)

続きを読む

【雑記】2017年を振り返ってみるのこと【活動編】

 仕事や趣味と一部被りますが、このブログ関係やこの1年で学んだことも振り返ってみます。 f:id:iwasiman:20151108133438j:plain

続きを読む

【雑記】2017年を振り返ってみるのこと【仕事編】

 はてなブログ界隈でも年末の2017年振り返り・2018年年始の抱負の記事をよく見かけますね。様々な方のエントリを拝見しました。
もう2018年が始まってしまいましたが、年始のまとまった時間のうちに振り返ってみたいと思います。

続きを読む

【感想】SQLアンチパターン

あかんやつから学ぶDB設計とSQL回り

ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書大賞2017入選のオライリー本。ネット上でも書評や勉強会をよく見る定番本になりつつあるので、DBエンジニアならもう読んだ人、共感した人も多いのではないでしょうか。
 タイトルは「SQL」となっていますが実際にはDB論理設計、DB物理設計、実際のSQLクエリ、アプリケーション開発の4カテゴリに分け、計25パターンのあかんやつを説明しています。
 デザインパターンアーキテクチャパターンなど、何かのパターンを学ぶのに「こうあるべきだ」の理想から学ぶのもありですが、「こうやるとマズイよ」とアンチパターンやバッドプラクティスから、駄目な方から学ぶというのもイメージが湧いてよいですね。
 序章ではっきり専門家もミスすることを認めていたり、人の説得の仕方が書いてあったりこういう匂いがすると前兆だという話があったり、理想論ではなくかなり実務的、現場の実情に合わせた実践的な本です。
 作中の例は架空のバグ報告システムのデータベースアプリケーションを想定し、テーブル設計はすべてのこのアプリに出てきたテーブル、コード例が出てくる場合はPHPになっています。
 テーブルへのインデックスの張り方などはごく基本的なことで、高等テクニック等は出てきません。スキルのあるDBAな人など分かっている人には当たり前のようなことも出てくるのですが、その辺も含めて、系統的に分けて網羅しているところにも本書の価値があります。

SQLアンチパターン

SQLアンチパターン

www.shoeisha.co.jp

続きを読む

【PHP】PHPでActive Directoryを検索してみるサンプル

今度はPHPでAD連携してみよう

MarkDown記法を使って今度はPHPのコードを載せてみるテスト。前回の【C#】C#でActive Directoryを検索してみるサンプルの続きということで、今度はPHPでもAD連携をしてみます。
 PHPではPHP自体の設定ファイルphp.ini の以下の場所のコメントを外すと、 最初から入っている組込みのLDAP関数群が使えるようになります。

;extension=php_ldap.dll

PHP: LDAP 関数

 全て関数名の最初がldap* で始まるので分かりやすいのですが、使い方はC#とまったく違って独特です。
 以下、PHP 5.6 で確認しています。最新のPHP7ではないです。

続きを読む