Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

【PHP】PHPでActive Directoryを検索してみるサンプル

今度はPHPでAD連携してみよう

MarkDown記法を使って今度はPHPのコードを載せてみるテスト。前回の【C#】C#でActive Directoryを検索してみるサンプルの続きということで、今度はPHPでもAD連携をしてみます。
 PHPではPHP自体の設定ファイルphp.ini の以下の場所のコメントを外すと、 最初から入っている組込みのLDAP関数群が使えるようになります。

;extension=php_ldap.dll

PHP: LDAP 関数

 全て関数名の最初がldap* で始まるので分かりやすいのですが、使い方はC#とまったく違って独特です。
 以下、PHP 5.6 で確認しています。最新のPHP7ではないです。

AD接続クラス ADConnectSample

  • ADのサーバ名+検索先ディレクトリのベースDN、ユーザ、パスワードの3つが必要な情報になります。与え方などは適宜修正してください。
  • コメントにもありますが、ldap_connect()すると名前からしてもう繋がった……と思いきや、パラメータ検査と接続できるかの確認だけなので実はコネクトしていないという罠があります。
     組み込み関数名が洗練されていない、統一されてない……というのはPHPがdisられる理由によく挙げられますが、確かに時々こういうのがありますね。だからといって言語の優劣を決め付けるのも可笑しいですが。
  • これまたコメントにありますが、オプション指定をしないとWindowsでは繋がらない場合があるという罠があります。
  • これらの罠を乗り越えて ldap_bind()が本来の意味での接続、ログインになります。
  • これまたコメントにありますが、ldap_search()した結果をldap_get_entries()するのがセオリーのようですが、この結果がなんかえらく込み入った多次元配列で超絶分かりづらい。この例では検索結果1件を[属性名=>値]で表す連装配列で持った件数分の配列に変換し、人間の目と頭に分かりやすくしています。
     PHPは大抵のことを配列で処理する傾向があるので「配列を制する者はPHPを制する!」という初心者への激励は正しいのですが、時々こういう高度すぎる配列に出くわすことがあります。やはり誕生した頃はオブジェクト指向でなかった言語は文化が違うのだなあと思います。
  • 例によってdieechoしている辺りが適当なので例外処理やロギングに適宜読み替えてください。
  • 一番最後にあるsearchByExactMatch()searchByPartialMatch()が外部メソッドです。LDAPフィルタ文字列の書き方は言語を問わず同じなので、同じようなpublicメソッドを増やしていけばどんどん拡張していけます。
<?php

// 接続先はグローバル変数で指定しているが適宜変える。
// {サーバ名:ポート} + {/か\} + {ベースDN設定} で指定。
// ポートは不要な場合は指定していても繋がる。
/** AD連携の接続先パス  */
$ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PATH = '11.22.33.44:5555/OU=SampleBaseDNDir,OU=moreDir,DC=domaincntrl,DC=local';
/** AD連携の接続ユーザ  */
$ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_USER = 'domain\username';
/** AD連携の接続パスワード */
$ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PASSWORD = 'password';



/**
 * Active Directory 接続のサンプル。
 * AD連携を行い、必要な情報を取得します。
 *
 * @package    -
 * @author     sample
 */
class ADConnectSample
{
    // ADスキーマ上のアトリビュート名を表す定数群。適宜追加すること。
    /** 属性:メールアドレス */
    public static $ATTR_MAIL = 'mail';
    /** 属性:サムアカウントネーム */
    public static $ATTR_SAM_ACCOUNT_NAME = 'sAMAccountName';
    
    /** AD連携の接続先パス(サーバ名+検索先のベースDN)  */
    private $activeDirectoryServerPath = null;
    /** AD連携の接続ユーザ  */
    private $activeDirectoryServerUser = null;
    /** AD連携の接続パスワード */
    private $activeDirectoryServerPassword = null;
    
    /** 接続先ADのホスト */
    private $adHost = null;
    /** 検索先ADのポート */
    private $adPort = null;
    /** 検索先ディレクトリのベースDN */
    private $baseDn = null;
    
    /**
     * コンストラクタ。
     */
    function __construct() {
        global $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PATH;
        global $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_USER;
        global $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PASSWORD;
        $this->activeDirectoryServerPath = $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PATH;
        $this->activeDirectoryServerUser = $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_USER;
        $this->activeDirectoryServerPassword = $ACTIVE_DIRECTORY_SERVER_PASSWORD;
        $this->initialize();
    }
    
    /**
     * 初期化処理を行います。
     * 設定値から、内部で持つホスト、ポート、ベースDNを導き出します。
     */
    private function initialize() {
        $sep = null;
        if (strstr($this->activeDirectoryServerPath, '\\')) {
            $sep = '\\';
        } else if (strstr($this->activeDirectoryServerPath, '/')) {
            $sep = '/';
        } else {
            die('AD連携の接続先パスが不正です。設定値:' . $this->activeDirectoryServerPath);
        }
        $splittedPath = explode($sep, $this->activeDirectoryServerPath);
        if (count($splittedPath) < 2) {
            die('AD連携の接続先パスが不正です。設定値:' . $this->activeDirectoryServerPath);
        }
        $hostAndPort =  $splittedPath[0];
        $colon = ':';
        if (strstr($hostAndPort, $colon)) {
            $splitted = explode($colon, $hostAndPort);
            $this->adHost = $splitted[0];
            $this->adPort = $splitted[1];
        } else {
            $this->adHost = $hostAndPort;
            $this->adPort = null;
        }
        
        $this->baseDn = $splittedPath[1];
        
    }
    
    /**
     * ADに接続し、ユーザ名を指定したログインを行います。
     * 
     * @return resource LDAP接続情報(成功時:LDAPリンクID / 失敗時:falseだが、その前に例外で終了)
     */
    private function connenct() {
        // まずLDAPサーバへ接続できるかを確認する。
        // パラメ―タ確認のみで接続はしない。IPが違ったりする場合も成功して進み、ログインで失敗する。
        $ldapConn = ldap_connect('ldap://' . $this->adHost, $this->adPort)
            or die('Active Directoryと接続できません。接続先設定を再確認してください。接続先:' . $this->activeDirectoryServerPath);
        if ($ldapConn) {
            echo('ADと接続可能です。' . '<br/>');
        } else {
            die('Active Directoryと接続できません。接続先設定を再確認してください。接続先:' . $this->activeDirectoryServerPath);
        }
        
        // オプション設定
        // 必ず以下を指定しないと、Windowsではつながらない場合がある模様
        ldap_set_option($ldapConn, LDAP_OPT_PROTOCOL_VERSION, 3) // LDAP V3プロトコルを使用
            or die('プロトコルバージョンをセットできません。');
        ldap_set_option($ldapConn, LDAP_OPT_REFERRALS, 0) // リフェラルの自動追跡を行う
            or die('リフェラルの自動追跡設定をセットできません。');
        
        // 次にバインド(ログイン)する
        // ユーザ/パスワードが違うと、ここで失敗する。
        $ldapBindResult = @ldap_bind($ldapConn, $this->activeDirectoryServerUser, $this->activeDirectoryServerPassword);
        if ($ldapBindResult) {
            echo('ADのログインに成功しました。接続情報:' . $ldapConn . '<br/>');
        } else {
            die('ADのログインに失敗しました。ユーザ名:' . $this->activeDirectoryServerUser);
        }
        
        // 接続先パスの後半、ベースDNが違うと、接続もログインもできるが探す場所が正しくないので検索結果0件になる。
        return $ldapConn;
    }
    
    
    /**
     * ADとの接続解除を行います。
     * 
     * @param resource $ldapConn LDAP接続情報
     */
    private function disConnect($ldapConn) {
        // LDAPディレクトリへのバインドを解除する
        $ldapUnbindResult = ldap_unbind($ldapConn);
        if ($ldapUnbindResult) {
            echo('AD接続の解除に成功しました。' . '<br/>');
        } else {
            die('AD接続の解除に失敗しました。');
        }
    }
    
    /**
     * 検索結果の1件を理解しやすい連想配列に変換します。
     * 
     * @param resource $ldapConn LDAP接続情報(LDAPリンクID)
     * @param object $entry 検索結果エントリ1件
     * @param array $attributes 取得したい属性を持った文字列の配列
     * @returns array [キー=>値] に属性=>属性の値 の形式で検索結果1件分の結果を持った連想配列
     *                (値が検索できなかった場合は、キー自体がない)
     */
    private function convEntryToAssocArray($ldapConn, $entry, $attributes) {
        
        $entryAttrs = ldap_get_attributes($ldapConn, $entry);
        $adInfo = array();
        for($i = 0; $i < $entryAttrs['count']; $i ++) {
            $entryAttrName = $entryAttrs[$i];
            $entryAttrValues = $entryAttrs[$entryAttrName];
            if (is_null($entryAttrValues)) {
                $adInfo[$entryAttrName] = null;
            } else {
                $adInfo[$entryAttrName] = $entryAttrValues[0];
            }
        }
        return $adInfo;
    }
    
    /**
     * 検索のメイン処理を行います。
     * 
     * @param string $filter 検索に使うLDAPフィルタ構文の文字列
     * @param array $attributes 検索結果に欲しい属性を並べた文字列配列
     * @return array 1件ごとに[属性=>属性の値]の連想配列で保持した検索結果の配列
     *                (結果0件の場合は空の配列)
     */
    protected function doSearchProcess($filter, $attributes) {
        $ldapConn = $this->connenct();
        $result = ldap_search($ldapConn, $this->baseDn, $filter, $attributes);
        $resultCount = ldap_count_entries($ldapConn, $result);
        if (!$result) {
            $this->disConnect($ldapConn);
            die('検索に失敗しました');
        }
        
        echo ('検索に成功しました。結果:' . $result . '<br/>');
        echo('件数:' . $resultCount . '<br/>');
        
        // エントリ全体を取得すると、結果は全体のcountや各々のdnを含んだ多次元配列で非常に分かりづらいため、
        // 1件ごとに分割し変換していく
        //$entries = ldap_get_entries($ldapConn, $result);
        
        $adInfoArray = array();
        if ($resultCount > 0) {
            $entry = ldap_first_entry($ldapConn, $result);
            do {
                $adInfoArray[] = $this->convEntryToAssocArray($ldapConn, $entry, $attributes);
            } while ($entry = ldap_next_entry($ldapConn, $entry));
        }
        
        $this->disConnect($ldapConn);
        return $adInfoArray;
    }
    
    // 以下、外部公開するAPI的なメソッド群 ----------------------------------------------
    /**
     * 属性を指定した完全一致検索を行います。
     * 
     * @param string $searchAttr 検索に使用する属性名(本クラスの定数から)
     * @param string $searchStr  検索文字列
     * @param array $attributes 検索結果に欲しい属性を並べた文字列配列
     * @return array 1件ごとに[属性=>属性の値]の連想配列で保持した検索結果の配列
     *               (結果0件の場合は空の配列)
     */
    public function searchByExactMatch($searchAttr, $searchStr, $attributes) {
        $filter = '(' . $searchAttr . '=' . $searchStr . ')';
        return $this->doSearchProcess($filter, $attributes);
    }

    /**
     * 属性を指定した部分一致検索を行います。
     * 
     * @param string $searchAttr 検索に使用する属性名(本クラスの定数から)
     * @param string $searchStr  検索文字列
     * @param array $attributes 検索結果に欲しい属性を並べた文字列配列
     * @return array1件ごとに[属性=>属性の値]の連想配列で保持した検索結果の配列
     *               (結果0件の場合は空の配列)
     */
    public function searchByPartialMatch($searchAttr, $searchStr, $attributes) {
        $filter = '(' . $searchAttr . '=*' . $searchStr . '*)';
        return $this->doSearchProcess($filter, $attributes);
    }
}

呼び出し側のサンプル

  • こちらはまたまた簡単で、別のスクリプト/クラス内で上の接続クラスをnewしてインスタンスメソッドを呼ぶだけです。
  • 例ではメールアドレスに @gmail.com を部分一致で含むオブジェクトを全検索し、属性としてはmailとsamAccountNameを取得しようとしています。
<?php
require_once  'ADConnectSample.php'; 

echo "<h2>簡単なサンプルクラス メールの部分一致検索:</h2><br/>";
$adConnSample = new ADConnectSample();
$resultAttrs = array(AdConnectSample::$ATTR_MAIL, AdConnectSample::$ATTR_SAM_ACCOUNT_NAME, );    
$result = $adConnSample->searchByPartialMatch($adConnSample::$ATTR_MAIL, '@gmail.com', $resultAttrs);
var_dump(count($result));
var_dump($result);

 ということでMarkDown記法でソースコードを載せてみるお試しでした。
言語側でディレクトリサービス対応を実装した時期などにもよると思いますが、繋ぐために書く必要のある固有のコード部分は、PHPよりもC#の方が洗練されている感じはします。

詳細! PHP 7+MySQL 入門ノート

詳細! PHP 7+MySQL 入門ノート

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)

PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)

独習PHP 第3版

独習PHP 第3版

確かな力が身につくPHP「超」入門 (Informatics & IDEA)

確かな力が身につくPHP「超」入門 (Informatics & IDEA)