Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

【C#】C#でActive Directoryを検索してみるサンプル

前回のごあいさつ記事御礼

 ご挨拶記事にて、はてなを始めてからたぶん最高値のスター・読者登録などありがとうございました!(`・ω・)ゞビッ
 おかげさまであと数日で合計アクセスが1000を超えそうです。

C#でAD連携してみよう

Microsoftが作ったディレクトリ・サービス・システムであるActive Directory。よくWindowsサーバ内に構築し、ユーザやコンピュータを管理したりしています。ビジネスの世界ではよく「AD連携」と呼ばれたりします。
 通常他のマシンで動いてるアプリケーションからネットワークを介して繋ぎに行ったりもするのですが、設定や繋ぎ方や扱いがけっこう独特です。そういえばどうやるんだっけ?となってぐぐってみると、同じようにあれこれ調べて正解にたどり着いた方のコードがあちこち見つかります。
 実際に作ってみたものがあるので、MarkDown記法を使ってみるテストも兼ねて載せてみます。はてな上は```で囲えばいいので簡単ですね。C#を表すファイルタイプはcsでした。
 以下、NET Framework4.6なのでC# 6 で確認しています。

AD接続クラス Sample.ADConnectSample

  • 接続しての操作にはSystem.DirectoryServices名前空間DirectoryEntryDirectorySearcherクラスを使います。最近の.NETには最初から入っている標準ライブラリです。
  • 例では1つのADの中で探すディレクトリが複数あった場合を考えて、リストで持って増やせるようにしています。
  • Initialize()の中で書いているのが接続に必要な設定で、実際は外部からセットしたり設定ファイルから読むかと思います。このパスの指定方法が独特で、ファイルのフルパスなどでなくOUやDCをカンマ区切りで指定していくんですね。最初に繋がるまでここでハマる可能性があります。
  • DirectoryEntry.Filterにセットする文字列が、実際の検索に使う「LDAPフィルタ」の文字列です。このフィルタの書き方がSQLとも違って非常に独特です。AND/OR/NOTなどが複雑に入り組んでくると小カッコが連続してなんでこんな独自仕様にしたんじゃぁぁと言いたくなります。
     Windows上のADのアプリケーションから、フィルタオプション-カスタムフィルタ-詳細設定 などでLDAPクエリを入力して検索できるので、こちらで動作を確かめてからコード側に当てはめるとよいでしょう。
  • 検索の場合は結果はSystem.DirectoryServices.SearchResultColectionで返ってくるのですが、ディレクトリサービスと関連の強いクラスなので、メンバ変数だけ持った簡単な1件分の入れ物クラスのリストに変換しています。
     JavaにおけるPOJO、.NET界隈だとPOCO(Plain Old CLR Object)というやつですね。単語の「ポジョ」はよく使うけど「ポコ」ってあまり聞かない気がします。Java/C#で呼び出し側が大きなアプリケーションならこういう形式の方が取り回しし易く、きっちり作れると思います。スクリプト系言語だとクラスでなく属性と値の組を持った配列やハッシュの方が多いでしょうか。この辺もお好みで。
  • 例外処理やロギングが適当なので適宜読み替えてください。
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.DirectoryServices;

namespace Sample
{
    /// <summary>
    /// ActiveDirectory用接続クラスサンプル。ADと接続し、各種情報を取得します。
    /// </summary>
    public class ADConnectSample
    {
        // ADスキーマ上のアトリビュート名の定数群。
        // Ldap-Dispay-Name を検索時に使う。
        // サムアカウントネーム
        private string LDN_SAM_ACCOUNT_NAME = "sAMAccountName";
        //メールアドレス
        private string LDN_MAIL = "mail";
        // 表示名
        private string LDN_DISPLAY_NAME = "displayName";
        // 姓
        private string LDN_SN = "sn";
        // 名
        private string LDN_GIVEN_NAME = "givenName";

        /// <summary>
        /// 検索に使うディレクトリサーチャのリスト
        /// </summary>
        public List<DirectorySearcher> DsList { get; set; }

        /// <summary>
        /// デフォルトコンストラクタ。
        /// </summary>
        public ADConnectSample()
        {
            this.Initialize();
        }

        #region 内部処理
        /// <summary>
        /// 初期化処理を行います。
        /// </summary>
        private void Initialize()
        {
            // 以下を適宜変更する
            // {マシン名かIP:port}/{検索先のディレクトリをカンマ区切りで下層→上層に指定}
            string serverPath1 = "'11.22.33.44:5555/OU=SampleBaseDNDir,OU=moreDir1,DC=domaincntrl,DC=local";
            string serverPath2 = "'11.22.33.44:5555/OU=SampleBaseDNDir,OU=moreDir2,DC=domaincntrl,DC=local";
            string adUser = "domain\\username";
            string adPass = "password";

            // ディレクトリエントリはパスの数だけ指定する。
            string path1 = @"LDAP://" + serverPath1;
            DirectoryEntry de1 = new DirectoryEntry(path1, adUser, adPass);
            string path2 = @"LDAP://" + serverPath2;
            DirectoryEntry de2 = new DirectoryEntry(path2, adUser, adPass);

            List <DirectoryEntry> deList = new List<DirectoryEntry>();
            deList.Add(de1);
            deList.Add(de2);
            // ディレクトリサーチャーも複数メンバに持つようにしてみる。
            this.DsList = this.BuildDSList(deList);

            this.CheckIsConnected(deList);
        }

        /// <summary>
        /// ADとの接続確認を行います。
        /// <param name="deList">使用するディレクトリエントリのリスト</param>
        /// </summary>
        private void CheckIsConnected(List<DirectoryEntry> deList)
        {
            try
            {
                foreach (DirectoryEntry de in deList)
                {
                    Object obj = de.NativeObject;
                }
            }
            catch (Exception e)
            {
                throw new Exception("ADサーバとの接続でエラーが発生しました。", e);
            }
        }


        /// <summary>
        /// 検索結果1件からAD情報へ変換します。
        /// </summary>
        /// <param name="sResult">検索結果のオブジェクト</param>
        /// <returns>ADAccountInfoインスタンス</returns>
        private ADAccountInfo ConvSearchResult(SearchResult sResult)
        {
            if (sResult == null)
            {
                return null;
            }

            ADAccountInfo adInfo = new ADAccountInfo();
            // 該当する属性があったらセットしていく。
            if (sResult.Properties[LDN_SAM_ACCOUNT_NAME].Count > 0)
            {
                adInfo.SamAccountName = (string)sResult.Properties[LDN_SAM_ACCOUNT_NAME][0];
            }
            if (sResult.Properties[LDN_MAIL].Count > 0)
            {
                adInfo.Mail = (string)sResult.Properties[LDN_MAIL][0];
            }
            if (sResult.Properties[LDN_DISPLAY_NAME].Count > 0)
            {
                adInfo.DisplayName = (string)sResult.Properties[LDN_DISPLAY_NAME][0];
            }
            if (sResult.Properties[LDN_SN].Count > 0)
            {
                adInfo.Sn = (string)sResult.Properties[LDN_SN][0];
            }
            if (sResult.Properties[LDN_GIVEN_NAME].Count > 0)
            {
                adInfo.GivenName = (string)sResult.Properties[LDN_GIVEN_NAME][0];
            }

            return adInfo;
        }

        /// <summary>
        /// 検索結果のコレクションをリストに変換します。
        /// </summary>
        /// <param name="resultCollection">ディレクトリサービス用の検索結果コレクション</param>
        /// <returns>ADAccountInfoインスタンスのリスト(結果なしの場合は0件リスト)</returns>
        private List<ADAccountInfo> ConvSearchResultCollection(SearchResultCollection resultCollection)
        {
            List<ADAccountInfo> adInfoList = new List<ADAccountInfo>();
            if (resultCollection == null || resultCollection.Count == 0)
            {
                return adInfoList;
            }
            foreach (SearchResult sResult in resultCollection)
            {
                adInfoList.Add(this.ConvSearchResult(sResult));
            }
            return adInfoList;
        }


        /// <summary>
        /// 内部的なディレクトリサーチャーのリストを組み立てます。
        /// </summary>
        /// <param name="deList">ディレクトリエントリのリスト</param>
        /// <returns>ディレクトリサーチャーのリスト</returns>
        private List<DirectorySearcher> BuildDSList(List<DirectoryEntry> deList)
        {
            List<DirectorySearcher> dsList = new List<DirectorySearcher>();
            // LDAP検索オブジェクトを作成
            foreach (DirectoryEntry de in deList)
            {
                DirectorySearcher ds = new DirectorySearcher(de);
                dsList.Add(ds);
            }
            return dsList;
        }
        #endregion

        #region 外部API的なpubicメソッド
        /// <summary>
        /// メールアドレスの部分一致でADアカウントを検索します。
        /// </summary>
        /// <param name="mail">メールアドレスの検索文字列</param>
        /// <returns>ADInfoのリスト(存在しなかったら0件)</returns>
        public List<ADAccountInfo> SearchByMail(string mail)
        {
            // フィルターを設定
            string filter = "(mail=*" + mail + "*)";
            List<ADAccountInfo> adInfoList = new List<ADAccountInfo>();
            foreach (DirectorySearcher ds in this.DsList)
            {
                ds.Filter = filter;
                // 個別に取得する属性を設定
                ds.PropertiesToLoad.Add(LDN_SAM_ACCOUNT_NAME);
                ds.PropertiesToLoad.Add(LDN_DISPLAY_NAME);
                ds.PropertiesToLoad.Add(LDN_MAIL);
                ds.PropertiesToLoad.Add(LDN_SN);
                ds.PropertiesToLoad.Add(LDN_GIVEN_NAME);

                // 検索を実行
                SearchResultCollection resultCollection = null;
                try
                {
                    resultCollection = ds.FindAll();
                }
                catch (Exception e)
                {
                    continue; // ここでは握り潰し
                }
                adInfoList.AddRange(this.ConvSearchResultCollection(resultCollection));
            }
            return adInfoList;
        }
        #endregion

    }

    /// <summary>
    /// Active Directory情報クラス。ADから取得したアカウント1件分の情報を保持します。
    /// </summary>
    public class ADAccountInfo
    {
        /// <summary>
        /// 名前
        /// </summary>
        public string SamAccountName { get; set; }

        /// <summary>
        /// メールアドレス
        /// </summary>
        public string Mail { get; set; }

        /// <summary>
        /// 表示名
        /// </summary>
        public string DisplayName { get; set; }

        /// <summary>
        /// 姓
        /// </summary>
        public string Sn { get; set; }

        /// <summary>
        /// 名
        /// </summary>
        public string GivenName { get; set; }


        /// <summary>
        /// コンストラクタ。
        /// </summary>
        public ADAccountInfo()
        {
        }

        /// <summary>
        /// 内容を文字列で表示します。確認用です。
        /// </summary>
        /// <returns>インスタンスの内容を表す文字列</returns>
        public string ToString()
        {
            string str = " samAccountName: " + this.SamAccountName
                + " mail: " + this.Mail
                + " displayName: " + this.DisplayName
                + " surName: " + this.Sn
                + " givenName: " + this.GivenName
                + System.Environment.NewLine
                ;
            return str;
        }
    }
}

呼び出し側のサンプル

  • こちらは至って簡単で、上の接続クラスをnewしてインスタンスメソッドを呼ぶだけです。
  • 例ではメールアドレスに @gmail.com を部分一致で含むオブジェクトを全検索しています。
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Text;
using Sample;

/// <summary>
/// UseADConnectSample の概要の説明です
/// </summary>
public class UseADConnectSample
{
    public UseADConnectSample()
    {
    }

    /// <summary>
    /// 検索のサンプル。
    /// </summary>
    public void doSearchSamplle()
    {
        ADConnectSample adConnSample = new Sample.ADConnectSample();
        List<Sample.ADAccountInfo> resultList = adConnSample.SearchByMail("@gmail.com");
        StringBuilder sb = new StringBuilder();
        foreach (Sample.ADAccountInfo info in resultList)
        {
            sb.Append(info.ToString());
        }
        Console.WriteLine(sb.ToString());
    }
}

 サンプルでは検索したオブジェクトの属性を固定で5つ指定していますが、属性がが多かったり全取得しようとするとパフォーマンスがかなり落ちるそうです。必要な属性だけ絞るか、これも外部から指定できるようにするとよいでしょう。
  一旦分かってしまえば簡単なんですが、DB検索などと勝手が違ってけっこう独特です。
 うーんシンタックスハイライトだとけっこう綺麗に出てそれっぽくなるんだなあ。

確かな力が身につくC#「超」入門

確かな力が身につくC#「超」入門

独習C# 第3版

独習C# 第3版

ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2016版

ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2016版