Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

“カラミティ・ローズ”トレイシー・テンプル N◎VA Axleration for TND5th翌日会

「おっと、うちのローズに手を出すな。でないと……災いの薔薇があんたに降り注ぐことになるぜ」

――トレイシー、夜のストリートで酔客を止めながら


外見など:
 N◎VA人から見ると長身、北米系としては平均的な上背、柔らかな濃い金髪に陽気な深緑の目をした若者。格好や雰囲気から明らかに堅気には見えないが、汚濁に満ちた夜の歓楽街では不思議と貴公子然とした空気を纏って見えることもある。
 趣味のよい高級品ではあるが堅気から見たら派手めのスーツ、磨き上げた靴、帽子を斜に被った伝統的な暗黒街スタイル。スーツの左胸にチーフ代わりに刺した一輪の薔薇の造花(本物の時もある)が、彼を敵に回すと災いを呼ぶ悪名高い“カラミティ・ローズ”だとストリートで知らせている。
 スーツの前ボタンが外され、左胸のホルスターに収められた拳銃のホルスターに見事な薔薇の模様が刻まれているのが目に入った時……まだ酒に頭が曇りきっていない酔客は、こちらが本物の“カラミティ・ローズ”であることに気づき、そこで引き下がって命拾いしている。

設定:
 カーライル・シンジケートの売出し中の若い用心棒。シンジケートのテリトリー内の歓楽街を主な拠点とし、幾つかのバーやキャバクラの治安を守っている。護衛といっても大抵は酔っ払い同士のいさかい程度であり、大したことはしていない。技師に特注で作らせた見事なグリップの拳銃をちらつかせるだけで大抵のチンピラは引っこむため、界隈で銃撃戦が起こることは滅多にない。店の客や給仕、ピアニストや歌手たちには頼りにされている。酒が回って興に乗ってくると本人もハーモニカを吹いたりすることもある。

 ごみ溜めのような貧民街で生まれ、育ったのもストリート。幸運から成功を掴み取り、今の自分を築いてきた。シンジケートの組織内でのし上がるような大望は特に持っていないが、もっと抜け目なく思慮深ければ、将来大物になれるかもしれないタイプの人物。
 伝統的なマフィア・スタイルだが性格は楽天的で大らか、享楽的で、その日その日の刹那的な楽みを味わいながら生きている。まだ若いが強い酒や煙草を好み、高い車を飛ばし、派手な騒ぎやパーティを楽しむ。羽振りもよく、時々どこか抜けているところも含め、シマ界隈では愛されているちょっとした有名人である。

 拳銃屋としての腕は若いながらそこそこ。馴染みの店以外でひとたび銃撃戦が始まれば、幸運から手に入れた愛銃を抜くと喜んでパーティに加わる。ストリートでのいざこざや喧嘩は熟知しており、そこいらの椅子や空き瓶を使って自在に立ち回る。拳銃の抜き撃ちから集中攻撃で遮蔽の机ごと粉砕して何人かのレッガーを仕留めたことがあり、そこから“カラミティ・ローズ”の悪名がついた。

 戦いにおいては災いをまき散らす一方で普段は腕力に訴えることはほとんどなく、同胞には徹底的に味方になる。約束は守り、仁義には篤く、人付き合いもよい。よく金を恵み、目に掛けてくれるのでストリートの子供たちにも慕われている。実は真教徒で教会には敬意を払う。
 特に女性に対しては誰にでも紳士的で優しく、何かと手厚いため、水商売のマネキン娘たち限定で人気がある。
 現在の彼が一番大事にしているプリンセスは、ある店で働いている恋人のマネキンの少女。店一番の売れっ子の彼女の笑顔を守るために、今夜も退廃のストリートを闊歩している。

                                                                                                                    • -

氏名:“カラミティ・ローズ”トレイシー・テンプル
"Calamity Rose" Tracy Temple
所属:カーライル・シンジケート
市民ランク:C
消費経験点:145 (シナリオ用ドレスアップ150)
年齢:20代半ば 性別:男性 身長:178cm 体重:69kg 瞳:緑 髪:濃い金髪 肌:白人
ライフパス 出自:(暗黒街) 経験:(マフィア) 邂逅:(同胞)
スタイル:レッガー◎、カブトワリ、カブキ●

理性:4/11 感情:5/13 生命:6/11 外界:6/13 CS:7

技能:
 医療1
★射撃4
 知覚1
 電脳1
 製作:0
★心理2
★自我1
 交渉2
 芸術:ハーモニカ1
 運動1
★回避2
★操縦1
★白兵2
★圧力1
★信用3
 隠密1

社会:N◎VA1 --L-
社会:ストリート3 RPL-
社会:警察1 ---M
社会:社交界1 -P--

コネ:ドン・クーゲル1 --L-
コネ:ドーリス1 -P--
コネ:長谷部万力1 ---M

スタイル技能:<コミックヒーロー>2 RP--<運気変換>1 -P--<クイックドロー>4<ファニング>2 --LM<任侠道4><イカサマ3><ダーティファイト>2 --LM<†急所攻撃1> --L-


武器:
グリップに見事な薔薇の浮き彫りの描かれたオートマチック拳銃(“カラミティ”相当、+#ガンサイト)
@ぴかぴかの靴(スタンパー)
#ハントマンショットガン
#AKR48ライフル
#ローリング20などなど


防具:
@インナーアーマー
@フェイトコート
@Vシャツ(ストリートの情報を表示)
高級ブランド物のスーツ、胸に一輪の薔薇 (すごい服相当)
+イメージで帽子

サイバーウェア:
IANUS
@サイコストライク

トロン:
@セクレタリII (洒落たモデル)
@イナガキフォン(仕事の取引用、使い捨て)
@ガラパゴス(同上)

ヴィークル:
派手なスポーツカー(モンツァModel.AX5 助手席は女の子しか乗せない)
@ターボユニット (夜のハイウェイで飛ばすだけ)

住居:
グリーンのマンション (シンジケートのテリトリー内)

その他:
バックグラウンド:バッドネイム(ストリートでの悪名、コネ判定+1受ける社会ダメージ+2)
楽器:ハーモニカ
氷のロザリオ
@ゾンビライフ
@コッペリオン
@夜眼薬(夜のお仕事用)
@ちんぴら(シンジケートのとりまき)
@ファンクラブ(街角の娼婦たち)


@:プレアクト購入 #:アクト中に

コネの解説:
“復讐の魔弾”ドン・クーゲル
カーライル・ファミリーの同胞の一人、大きなヤマでよく世話になっている人物。一度うちに来ないかと誘いを掛けられたことがあったが、自分の腕程度ではとんでもないと丁重にお断りしている。

長谷部万力
ストリートの穢れをすすっている汚い警官。金を握らせて黙らせたり便宜を図ったりする関係。

“ゴッド・マザー”ドーリス
 気が向いてシマの外まで出向く時、中立地帯でよく立ち寄る店。トレイシーがふつうの客として入って世間話ができる貴重な相手である。カクテルは強いもの各種、酒が飲みたくない時はシャーリー・テンプルがお気に入り。



外見イメージ:若い頃の俳優のレオナルド・ディカプリオたま(今ほど貫禄がなく、まだ線が細かった頃)

                                                                                                                    • -

★TND5thの翌日は平日だしこれはお流れで月曜は寝坊して新幹線で帰るか……と思っていたら見事成立した1卓規模の翌日会。
 紫さん監督の渾身の罪と絆、正義と悪の物語、シナリオ『All Alone With You』(タイトルはやはりEGOISTの同名曲から)のレッガー枠を拝命したので急ぎ作ったキャストでございまする。何やらPC1のイヌとコンビ打ちダブル主人公になるとのことで助清さんのイヌキャストと似合いそうなヲトコにしました。そしたら相棒は機動捜査課の“JoJo”城嶋 雪之丞で台詞はジョジョじゃなくてワゴンさんだったお……

★西洋人の名前は人名事典から色々探せますが、今回はマフィアでなく取り締まる側ですがDick Tracyから頂いて、ストリートキッズやキャバ嬢の女の子から呼びやすそうな名前にしました。
 姓はこれまた沢山あって迷うので困ったときによくやる必殺、姓と名のイニシャルを併せるアメコミ式命名法で変わったものを選びました。

★時間もないし最初は公式サイトのクイックスタートのレッガーベース(レッガー、カタナ、カブキの眼鏡キャラ)にしようかと思ったのですが、ポン刀持ったYAKUZAよりは中の人の嗜好的にはスーツに銃で映画的スタイルだよなあ……ということでカブトワリにチェンジ。シンジケート所属にし、シネマティック成分とマフィア成分を注入し、ついでにシャレ乙めの成分も混ぜることにしました。
 データはガチガチに強いガンスリンガーではなく、散らして適当に強いようにしました。秘儀、奥義でないスタイル技能は幾つでも取れるTNXルールはこういう時グッドですね。

★重要ゲストのローズちゃんはある秘密を抱え、キャバ嬢の夜の仕事に身を投じた華やいだ外見の女の子。物語と監督の意を汲んで彼女を全力で守らなねなりませぬ。とゆことでゴージャスめ、オシャンティめ、モテオーラありめ(ストリート一部限定)の設定にしました。( ´∀`)

★連想イメージモデルが若い頃のレオ様なのは、この前TVでインタビューが映ってたのと最近うちの奥さんと一緒に見た『華麗なるギャツビー』がふと思い浮かんでしまってそうだ、ラーマン監督的にオサレめの人物にしようと思いついたからなんだ……。あとゲストの名前がローズちゃん⇒ローズとジャックといえば⇒タイタニック⇒レオ様と無意識に繋がったのかもしれません。w
 彼が暗黒街スタイルに扮した映画というと『ギャング・オブ・ニューヨーク』がありましたね。FBI長官に扮した『J・エドガー』は暗くて地味でいまいちだったけどリメイクの『ディパーテッド』や社会派の『ブラッド・ダイヤモンド』、CIAものの『ワールド・オブ・ライズ』はなかなか良かったですね。あと『インセプション』は実に素晴らしかった。

★Myキャスト陣でカーライル系というとシャーロット姉さんがいます。 →
Profile: “鏡の”シャーロット・マクレーン / N◎VAキャスト
 しかも同じく射撃系ですが、あちらはチャンバー級、円卓騎士級のプロの暗殺者でトレイシーと比べると遥かな高みに。住み分けできているので、スタイル構成としては非常にありがちですがレッガー導入対応キャストとして、新造記念に今後も待機できると思います。

★しかしアレですな。酒に煙草、犯罪に金、拳銃に速い車、お水系のおにゃのこと犯罪結社の人たちはいつもけしからんですな。聞けばゲストのローズちゃんは推定17才、シナリオでは肉体関係アリを想定とのことです。 (*ノノ)キャーッ
うーん未成年、完全にAUTO。実にけしからん。ブラックハウンドさんこの人ですっ (*´∀`)ノ