Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

「自重は敵です」:『月下残影』第六夜 【その壱】

 最近のプレイ記録です。
 さあ帝都では一大イベントのらららオフ10thも無事終わった早春のある日。約定の月下の夜の第六回となる日がやってきました。
 しなりお作中の舞台が春になっているのにスタートが春を越えたので春に1回も回していない(笑)という悲運の本作。最初に考えてからほとんど1年後、ようやく春に回すことができましたぞ!


 今回何が嬉しかったかというと、いつもに増して意欲とテンションの高いメンバーが集まったこと。それもそのはず、最初のプレイ予定は1月のはずでしたがメンバー風邪のため延期。yagamiさんが新年度の仕事の都合のため抜けてしまいましたが、代わりにこの日もまたやってくる西方の自重しない人(笑)餅木さんを賓客として迎え、結局都合約2ヵ月後に万全の体制で開幕となりました。
 丹精こめて作ったプレアクトページも、こっそり音つきもあるFLASHトレーラーもある。西方は飛び筒屋だんでらいおんに依頼した絵姿も、本作の為に用意したBGMリストもある。今回は新ガジェットとして名刺形式の情報カードのアイデアもある。モチベーションの高いメンバーと、プレプレアクトの段階からかなり盛り上がっているBBSがある。最近はPSPに凝っている監督のひよこPがいる。これで本番が、盛り上がらないはずがないのでぴょん!

役者の一:“偽善の策(バッドチョイス)”瀬良修斗

【クグツ◎, エグゼク, タタラ● 43/男性】
 本名ストラウス・シェーラー、ヌーヴ出身の青い瞳にブラウンの髪の男。企業を嫌っていたが企業抗争に敗北し、自分と他の要員を日系の千早重工に差し出した。そのため漢字名の名を名乗っている。
 直接能力はないものの知略に優れ、先の先を読むことに長けた策士タイプの人物。普段は経済系のリサーチャーをしているが、後方処理課の秘匿任務に当たっている。
 高度なセキュリティで守られた重工本社最上層部の会議室は騒然としていた。春の組織改正、今年の年度計画にも大きく取り上げられるであろう次世代型ウォーカー搭載のAIシステム“SELENE02”が、精確な情報を元に企業軍基地から強奪されたのだ。慌てふためく無能な老人たち、興味深そうに瀬良を眺める北米人のエグゼク。早川美沙課長は専任の要員、青い眼の軍師を紹介する。
 剣の道も義の道とも相容れぬ広大なる企業世界、偽善に満ちた百鬼夜行の世界。それ自体があまりに広い盤上を持つ千早重工。その盤上で、策士はいかなる秘策をもって本件に当たるのか。月下に舞うは桜花の陣、残影に踊るはいかなる影か――!

Player: 天色在人 (てんじきあると) さん

 大学サークルすらのばOB、らららオフ首魁、なんと偶然このアクトの日が誕生日だったてんじきずむ天色さんでありますぞっ。らららオフはさすがに100人規模だけあって、僕がちょっと技術面をフォローしたキャストDBクラッシュ事件やハンドル偽称事件などいろいろありましたが何とか終わった翌週。約定の舞台の開幕となりました。
 偽善の策と書いてバッドチョイスと読ませるすらのば語の瀬良、策略の演出を取る直接攻撃は<■タイムマジック>からの<※爆破工作>、防御はクグツの奥の手の多生縁魔からの<※消沈>、調査系スタイルはないので策士ムーブは《タイムリー》や《買収》や演出で行うタイプの策士です。
 軍師というと一部に人気のオフィシャルゲスト“36”孔明、最近のTRPGリプレイ界隈で言うと無印『アリアンロッド・サガ』の社長のナヴァールなどが有名な昨今ですが。瀬良修斗も「これが必要だと思ってました」「こうなると思っていました」的なムーブを繰り返す孔明路線の人物です。今回はかなりストラウスの罠が決まってスタイリッシュに映えたので、いつもこんな感じなのかなあと思っていたら普段はもっと「私の策が〜!」と負け属性が強いそうです。面白い。うむ、中の人はかつての『セレスタイトの杯』のPC1ヘイルちんでやってしまった失敗の挽回を意識したようでござる……w
 千早重工のクグツはN◎VAの定番中の定番であり、僕も昔から様々なクグツを山ほど見てきました。イカすクグツもイマイチなクグツもいろいろいる訳ですがこういう、物理的な力や超常の力に訴えない知略を重んずる軍師タイプのクグツはなかなか珍しいですね。普段はデキる人っぽい部署にいるそーですが、より現実の企業世界にイメージを近づけるとR&D部門やコンサル系、シンクタンク系なんかにいそうな人物ですね。美少女や若年キャストで溢れるN◎VAであえて年齢が43というのも熱い。w
 現実に倣って舞台の千早重工も春の人事異動、組織改正の時期にしており、ありがちなクグツ導入とは一味違えている本作にはよく似合う人物となりました。年も同じだったゲストとの共通点から、互いがよりスタイリッシュに映えたのもよかったですね。
 さあ。天地の如く広大な企業世界、千早重工だけでもあまりに広く、数多くの駒が入り乱れるこの盤上。秘策を進めるのはサムライ分をアウトソーシングしている青い眼の軍師。(チャームポイント:めがね) 対するは企業世界で遊戯を楽しむ盤上の指し手。(チャームポイント:ひげ) 二人の男は雌雄を決するのか……?


役者の二:“闇獅子”レグルス

【カタナ◎, カゲ, カブト● カブト:ナイト 30歳前後?/男性】
 遠くヴィル・ヌーヴ、幾多の戦いを経て“ダーク・レオン”として名を轟かせたストリートのサムライ。換装した義体に数多くの戦闘用サイバーウェアを仕込んだ身長202cmの偉丈夫。獣の如く輝く赤い瞳、長い黒髪を戦いで翻して戦う凄腕のカタナである。立体的に疾る超人的な体捌きと幾重にも降り注ぐ刀を操り、その腕はもはや達人級の域に達する。
 義を重んじ、時に安い報酬で善を為すこともあるレグルスは桜華道場の護衛に雇われていた。隅田川の河川敷で、ならず者たちを圧倒的な格の差で真・降魔刀にて一挙に斬り伏せる闇の獅子。そしてレグルスは月下の晩に、ひとりの隠密剣士の青年と出会う。動の剛剣と比して、その静の精妙なる剣は闇の獅子にも劣らぬものか。残された手裏剣、徐々に明らかになる事実。闇の獅子は早春の都にて、企業世界の策士と少年、兎と会い、互いの道の交わりを知る。
 闇の獅子と夜を彷徨う影の鷹は、月下の夜にふたたび出逢う。月下に佇む暗夜の孤影、残影に走るはいかなる剣か――!

Player: つねひら さん

 一心不乱界隈などで活動しているネェムドモンスタァ、ビール工房の跡取りにしてビール魔人(魔王にはならない)のつねひらたんだぞ! 酒の席でよく会うんですけどセッション同卓が少ないですね。調べたらなんと2007年の『星月夜作戦』13th以来でしたよ。あの時は天使の名を持つ依頼人を守りがむばったレグルスはギャグもできる面白い人でしたがその後。出してくれたプロファイルシートを見たらもはやExpが620。ほとんどの特技に奥義が揃っています。なんともはや面妖な、ひよこPが「これはひどい」と評するほどに成長していました。w
もはや完璧超人もとい完璧厨人、いやいやいや戦闘系スタイルのこの組み合わせでExp500〜600台になるとほんとに最強クラスになりますからね。
 『るろうに剣心』に出てくる剣心の師匠の比古清十郎がイメージや最強ロールや酒飲みロールのモデルになっているというレグルス、元は『シャドウラン』の人気アーキタイプ、ストリート・サムライとして使っていた人物だそうなんですね。なるほど合点がいきます。サムライはよいですな。新星路時代剣客浪漫譚にはぴったりといえましょう。
 ひとたび剣を見せれば真・降魔刀で名声ぱわぁが轟き渡る闇の獅子は、もう果てしなく強いので戦わず済む方法を模索するカタナになっておりました。序盤から自分は超強いけど相手を持ち上げるロールの連発。さむらいばりあを形成した大人空間の一幕。夜桜を見ながらの瀬良と杯を交わす酒席、ウーリン少年と相対するオトナろーる。さむらひ分がスタイリッシュに映える人物となりました。
 ひとつだけ残念な点を上げれば、展開によってはレグルスが受けることになったかもしれない本作のたいとるにもなっている◎◎◎◎剣が、えんでぃんぐのハック演出によって雲すら切り裂く超人技に昇華してしまったこと……なんともはや面妖な、そこまで持ち上げなくてよいのでござる……!
 まあ種を明かすと、ごにょごにょとガチで戦ったら600点キャストのレグルスの方がよっぽど強いんですけどね。当たり前だぴょん!w


役者の三:“すぅぱぁでぃれくたぁ”黄五林(ホァン・ウーリン)

トーキー◎●, ハイランダー, ニューロ ハイランダー:エトランゼ 10歳/少年】
 電脳空間で話題沸騰の動画サイトYouCube(ようくべ)でも人気のクリエイター、ハンドル“すぅぱぁでぃれくたぁ”。既に1万コメ突破動画も幾つかうpしている中の人の正体は、飛び級で新星帝都大付属高に通う僅か10歳の天才少年である。
 5/1こどもの日生まれ、身長もまだ132cmのウーリンはサイバー拒絶症に悩む全盲の少年だったが、謎の天才科学者により軌道技術の義眼を与えられ、電脳すら見通す力を手に入れた。素材へのエフェクト付けやナレーションが得意で、たっぷりの加工の後にうpしてはプロのトーキーになるための努力を続けている。
 動画にいつもコメントをつけてくれるファンたち。語尾が「ぴょん」のコメに並びいつもひらがなのコメの主は、会ってみれば、和服がよく似合う年上の少女だった。
 親しくなったある日、彼女が改まって頭を下げてくる依頼。古風で可憐な少女ながら、重度の機械音痴の彼女の素性を思えばウーリンはよく知らなかった。セルフプロデュース動画たいとる『すうぱぁでぃれくたぁ、謎の和服美少女の依頼を受ける!』の顛末や如何に。月下に奏でる横笛の音、残影に響くはいかなる調べか――!

Player: 餅木 研治 さん

 最近オーサカMOON方面のプレイグループの記録にもよく出てくる餅木さんです。参加するシナリオの私家版トレーラーやシート類を作ったり、西方の珍しいガジェットますたぁとしても知られています。
 この約定の日の先週も来訪してらららオフ参加、翌日も別メンバーに迎撃戦をしてもらっているのですがふたたび出張で今週も帝都来訪。このアクトに飛びついてきました。うむ、自重していないでござる。w
 家に帰れば息子に加えて激LOVEの娘御がおり、自分のキャライラストを代わりに書いてくれる奥様がいるというこの自給自足ぶり。なんともはや……どう見ても勝ち組でござる!www
 そんな嫁イラストも眩しいウーリンくんはエトランゼ取得で性能を上げた“59”タップを保持したニューロ。ニューロ能力は達成値上げや<※ポルターガイスト>に留め、基本導入はトーキーを考えたキャスト。自作動画のコメントリソースを他のPL/RLに解放しているとのことで、動画ネタでアクト中はかなり盛り上がりました。今回面子は当然知らぬことですが、この盛り上がり方、懐かしや第一夜で某掲示板AIのXちゃんねるがニューロ枠に推参したときとあまりにまったく同じでひよこPと僕は内心ニヤニヤしっぱなしでした。ヽ(´ー`)ノ
 キャスト作成秘話が聞けたのですが、ネーミングで黄は中国で高貴な色、名前の五林は懐かしや2007年8月の北京五輪回りから取ったそうです。
 あの五輪の開会式で歌を歌っていたけっこう可愛い女の子がジツは口パクだった話は、さすが偽物大国中国としてかなりネットでも話題になりましたが。そのへんのネタが動画ディレクター周りのイメージになっているそうです。面白い。
 月下に推参した舞台の方は。今までは年の近い女の子同士の友情になった回も多かったのですが、今回はもう基本のぼぉいmeets年上がぁる。ほりの太夫いらすとも眩しい和服ヒロインにガハっと……じゃなかった無理をしてみたり淡い恋心を抱いてみたり誤解したまま突っ走ってみたりオトナキャスト陣に助けを求めたりもう八面六臂のすぅぱぁなでぃれくたぁぶり。非常に盛り上がりました。
 見ていて思ったのですが、やはり関西の人と言うのは根底に共通点がありますね。N◎VAのキャストがみなカッコいいのは当たり前で、みな自分のキャストは自分の中では世界一カッコいい。しかしそれが価値を持つのは、他者に受けた時、共感された時なのです。
 関西の人たちはこのへんの人を楽しませる姿勢が徹底していて、なんというかこの「人に受けてナンボ」な芸人のタマシイというかエンターテイナーの資質を感じますね。
 あと関西の人はみんなキャラが濃いですね。きっとキャラが濃くないと淘汰されて生きていけないのでしょうね。うぅ、オーサカとは恐ろしい所だぴょん。トーキョー生まれのミーにはもう分からないぴょん……w


役者の四:“十五夜(いざよい)スパナ”エリック・ウサコック

【タタラ◎●, ニューロ, アラシ タタラ:リジェネレイター 352歳/雄】
 いろいろ危険な軌道施設がある月の裏側にある女王国「十五夜」。電脳世界のアルファ=オメガにそっくりなカグヤ姫が治めるこのサイバー・ムーン・シティに住むのは月ウサギである。
 メカニックとして最高の称号“十五夜スパナ”を姫より賜ったエリックはさらなる修行のため国を離れ、軌道世界で、地上世界でその腕を振るっている。身長82cm、赤い瞳にブラウンのふさふさの毛並み。しかし仕事には手を抜かないCOOLなウサギである。機械に宿る命と共感する能力を持つ。
 十五夜国から「箱庭の国」と称されるトーキョーN◎VAに降り立ったエリックは、ウサギも雇用する千早重工企業軍に雇用されていた。自我が形成中のAIシステム“SELENE02”のメンテナンスと護衛。そこへやってくる光学迷彩付きウォーカーの突然の奇襲。よく見れば乗っているのは見覚えのある少年、その六脚ウォーカーは昔直してあげた機体であった……。
 月下の都に月光が降り注ぐ時、エリック専用月製ウォーカー“モチマル”に光が灯る。走れモチマル、カグヤ姫の加護の元に。月下を賑わす騒乱の最中、残影に消ゆるは誰が影か――!

Player: ねねた さん

 リアルスペースでRI財団本部と最も近いじもぴー仲間のサークル“グラホパ”&地元サークルで活動中のたんねね、じゃなかったねねたんのうーたんたんがやってきたぴょん。一心不乱界隈の同人誌のイラストレーターや、某hideイズムの人のカブキしなりお『F-LS』のゲスト10人以上を彩るイラストレーターや某hideイズムの人専用の蒼井優カレンダーのデザイナーとしても活動しています。あれ?w
 思えばけっこう長い付き合いですねー。向こうも色々あるので同卓の機会も多くはないのですが、なんか「1年に1回節目のアクトは総帥と」がここ数年の流れになってますぴょん。w
 さあそんなねねたんWorldからは、一人称が「ミー」で語尾が「ぴょん」の月ウサギが出てきたでござるぴょん。完全義体やサイバーウェアの類ではない本物のウサギ、生物学的には分類は宇宙人になるウサギのエリックだぴょん。一体どうやったらこんなキャストを思いつくのでしょうか。TRPG界隈では『ソードワールド2.0』にはタビットがいますがN◎VAにウサギは滅多にいませんね。なんともはや面妖な、たんねねの頭の中は広いでござる!
 懐かしや、ずいぶん前ですが軌道宇宙が舞台だった『宇宙の華 -ignited-』の時も推参しています。
 こういう人外キャラクターは「目の前にウサギがいるのに普通の反応をする人々」「ウサギなので普通に驚く人々」を描写するだけでもう笑いが取れるのでキャスト確定段階で既に勝ちなのですが。アクト中も受けまくり。
 イメェジを広げてみれば、手にスパナを持ったピーター◎ビット風のウサギが、夜桜に剣に杯の和風絵巻の舞台でぴょんぴょんして泣いたり笑ったり修理したりしているわけですよ。和みと癒しを求める読者諸氏の視聴率確保はもはや必定でござるぴょん。月Pediaの編集に熱心なカグヤ姫、ご安心めされい!
 四枠は元から賑やかし役の成分が強いのですが、げすとのゴニョゴニョ君と敵ではなく友として盛り上がったりすぅぱぁでぃれくたぁの神動画に涙したりぴょんコメントをつけたりひろいんに萌えたり、<社会:月>で月Pediaが活躍したり青い眼の策士やヌーヴのサムライと明らかにおかしい図式で共に立ったりしました。
 そしてもうひとつ……エリックの専用ウォーカー“モチマル”は実はアストロワークで非戦闘系の宇宙作業用なんですね。ブランチも故障が直せる<タタラ:リジェネレーター>という普通だったら絶対便利NPCしか取らないような選択です。
 もちろんエリックが本作に似合うから選んだわけだし、アクト中もRLサイドからのフォローはしていますが、非戦闘系キャストでもここまで個性を発揮できる、ガチバトルで殺しあうだけがN◎VAではないという好例になりました。これが……クール&スウィートな月ウサギの力でござる!
 絵巻たいとるを始め、ネーミングやイメェジの多くを「月」で合わせている本作。その月からやってきたエリックぴょんが風雅な舞台に推参するのは定めだったのでありましょう。さあ! 月光影響度オールグリーン。いざ立てモチマル、月下の物語の趨勢を定めるために!


RL: ひよこP (おい)

 アクトシートに「ひよこP」と書いたらみんな自分のレコードシートのRL名にも書いてくれました。いえーい。
これで、うっかり「洋風もいいけど和服もいいね」とか口走っても全部ひよこPの仕業にできます。いえーい。 ヽ(´ー`)ノ
 ガジェットとしてはある場面の駒用に食玩モビルスーツや車を用意。ひよこ敷き紙にブラックボックス版トランプ、BGMはiPodのプレイリスト→単四電池で動くスピーカーの構え。
 今回は試行第1回目となる、名刺カードに印刷した情報カードを用意しました。
 あとは主なキャストデータを全て把握した私家版キャスト管理シートを印刷して用意。電子データ+BBSでのやりとり+思いついたメモやシナリオアレンジ分は、テキストファイルでUSBケーブルを通してPSPに移して参照可能な形にしました。
 最近やっていますが、PSPの付属ブラウザでローカル上のテキストファイルを読む方法はかなり行けますね。いい感じです。
 よく怪しまれるのですが、ひよこPはPSPをあくまでテキストビューアーとして試すために使っているわけですよ。いつでもCOOL&SWEET、スタイリッシュな硬派を目指すひよこPとこのボクが、そんなアイドル育成ゲームのしかもワンダリングスターしかやらないなんてそんなはずないじゃないですかー。(´▽`) ハハハハ