Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

【感想】SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 エンジニア向けの仕事・生き方・ライフスタイルの啓蒙の書では最近話題になったジョン・ソンメズさんの本。エンジニア向けの啓蒙というよりエンジニア向けの総合ビジネス書、サバイバル本的なになっています。内容は多岐に渡り、スキルアップなどお馴染みの内容からから転職時の自分の売り込み方や謎の不動産推し、恋愛や筋肉のつけ方までに渡っています。1行1行のコーディングテクニックのような話はなくもっと粒度が大きめ、章の中の話が1ブログエントリぐらいの長さなので気軽に読めます。作者さんの技術的なメイン領域が最初は.NET系というのも珍しい気がします。

 前書きや日本語版あとがきにあるように、こうした啓蒙本は読む人にマッチするところもマッチしないところもあるし、国による文化の違いもあるんですね。そこを含めて読者が色々と考えるところにも意味があるのだと思います。

 僕個人も「第3部 学ぶことを学ぼう」の学習方法やスキルアップの心構えとか「第4部 生産性を高めよう」の集中の仕方とかは非常に参考になったのですが、がらりと内容が変わってくる「第5部 お金に強くなろう」の不動産推しなどはマンション経営はアヤしい勧誘電話ぐらいしか縁がないし、肥満も縁がないから無理して走り込むこともないよな……とフィットしない話もありました。日米では法律なども違うし、日本人の読者にはそぐわない話もあると思います。(いかにもアメリカっぽくて読み物として読むには面白い話もあるのですが。)

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

続きを読む

情報セキュリティスペシャリスト 合格体験記 【午後の部】

午前の部】の続きですよ。

午後試験

 午後Iは早めの12:30から90分、大問形式で3問の中から2問選んで解答。選択と見直しの分を考えると1問30-40分で解く必要があります。
 そして受験者にとどめをさす最後の午後IIが14:30から120分。大問2問のどちらか1問を選んで解答。そろそろ疲れてくる頃ですが、長い問題文からヒントや問題を読み取り、得点に繋げていく必要があります。

作戦:高度試験は午後が本番。過去問の各分野とパターンを学んでしっかり準備

 午後I、午後Iともに実際にありそうな様々なケースで、これこれこういう構成図やネットワーク構成でシステムがあったり開発する予定で、こうする予定だったがここで問題が起こった、外部からこんな攻撃を受けた、こういうルールで運用を始めたのだが不備があった……などのストーリーが用意された文章問題が並び、その中で設けられた設問に答えていく必要があります。
 後述の解説本などでこれらのケースに慣れ、試験時間内に問題を読んで解答しきること、また後述の問題文に隠されたヒントに気づく能力も必要になってきます。(情報セキュリティスペシャリストはバリバリ理系資格かと思いきや、実は国語力が必要な資格なんですね)
 午後Iは3問中1問、仕様を満たすプログラミングではなくセキュリティ的に安全なプログラミングをしているかに関した「セキュアプログラミング」の問題がよく出ます。試験側の規定で言語はC++, Java, ECMAScript(実際には=JavaScript)と決まっています。前はPerlもあったのですが廃止されました。
 これは実際にその言語を知っていたり実務経験がないと厳しいレベルだと言われており、実際の過去問もそうでした。セキュアプログラミング問題が出たら取り組むか、諦めて即座に迂回するかは事前に決めておいた方がよいでしょう。
 最後の午後IIも問題文が10頁ぐらいあってとにかく長いので、過去問をこなして長さに慣れていく必要があります。

続きを読む

情報セキュリティスペシャリスト 合格体験記 【午後の部】

iwasiman2016-01-24

情報セキュリティスペシャリスト 合格体験記 【午前の部】

iwasiman2016-01-23


 またまた、ここはゲームなどと関係ない記事です。情報処理推進機構が運営している国家資格、情報処理技術者試験のスキルレベル4の高度情報処理技術者試験に入る『情報セキュリティスペシャリスト』を受験してきました。当サイト/blogのこれまでの本来のビジターさんとは若干層が違うかもしれませんが、世の中のこれからチャレンジする方のために情報を残しておこうと思います。

 『高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者。』というのが対象者定義のコピペ。
 試験名の英語の略称はSeCurityからSC。日本語の略称は「情報セキュリティSP」、「情報SC」、「情セキュ」とか「セキュスペ」、中でも「セスペ」が割とよく見かけますね。本記事では以下「セスペ」を使います。

続きを読む

謹賀新年2016

以前はTRPG関係が主領域であったこのブログも本家サイトもだいたい休止状態が続いておりますが、新年明けましておめでとうございます。

2015年は趣味の分野やネット上での情報発信のアウトプットは激減状態が続き寂しくもあり物足りなくもありますが、映像・音楽・文章などなどインプットは相変わらず定期的に摂取、健康もだいたい完全キープ、仕事の方も確実に成果を出して新入社員育成もこなし、資格も2つ(σ・∀・)σゲッツ!!してほぼ万全。という感じで静かに着実に結果を積み上げた1年でした。
 身の回りでいうと甥が無事に誕生して賑やかになったのも良かったですね。
 
 ネット上の全ての人々と現実世界の世界中の全ての人々にとり、2016年がよき一年になることを祈念いたします。

応用情報技術者リベンジ受験記 【おまけ】

おまけ 免許や資格を棚卸ししてみるのこと

 資格合格記念ということで、自分でも時々忘れるので数え直ししてみます。ついでにITの世界の本場の余談も入っていますよ。

続きを読む

応用情報技術者リベンジ受験記 【おまけ】

iwasiman2015-07-15