Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

【感想】Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

最新のRails5をまるっと網羅した最新リファレンス本

 Ruby界隈で名高いRailsの解説本。Rails4版が2014年刊行、Rails5版の本書が2017/4月刊行でおそらく事実上最新の本、電子書籍版もあります。
 環境構築からMVC各層のコマンド、応用まで、主要機能が一式まるごと載っていてリファレンス本として使えます。VIEW部分の描画に使うビューヘルパー各種メソッドやActiveRecordの各種メソッドなどなど、オプションまでかなり丁寧に解説してある印象です。

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

 同時期に出たRails5の本ですと2016年12月の『Ruby on Rails 5 超入門』もあります。こちらはよりプログラム未経験の人にもフォーカスしてカラーページや画面キャプチャを多くして分かりやすそうですが、コード例などが一部Ruby/Railsのお作法に従っていなかったり不適切だという話をよくネットで見るので、開発経験者レベルの人には本書の方がお勧めのような。

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails 5 超入門

2016年11月の『はじめての「Ruby on Rails」5』もありますがより初心者向けのようなので、経験者が選ぶなら本書か超入門でしょう。

はじめての「Ruby on Rails」5 (I・O BOOKS)

はじめての「Ruby on Rails」5 (I・O BOOKS)

 Rails5が上記3冊、Rails4に戻ると、『パーフェクト Ruby on Rails』や『実践Ruby on Rails 4 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』など、おすすめ本によく名が上がる本がいろいろ出てきます。

 僕は幾つかの本やネットの情報に触発されてちょっと触りつつ、Rubyを普段使う機会はまだないので概要や動静の把握のため、他言語のフレームワークとの比較の為に読んだのですが、他言語開発者からみるとこの本でもう十分な内容でした。

続きを読む

【PHP】PHPでActive Directoryを検索してみるサンプル

今度はPHPでAD連携してみよう

MarkDown記法を使って今度はPHPのコードを載せてみるテスト。前回の【C#】C#でActive Directoryを検索してみるサンプルの続きということで、今度はPHPでもAD連携をしてみます。
 PHPではPHP自体の設定ファイルphp.ini の以下の場所のコメントを外すと、 最初から入っている組込みのLDAP関数群が使えるようになります。

;extension=php_ldap.dll

PHP: LDAP 関数

 全て関数名の最初がldap* で始まるので分かりやすいのですが、使い方はC#とまったく違って独特です。
 以下、PHP 5.6 で確認しています。最新のPHP7ではないです。

続きを読む

【C#】C#でActive Directoryを検索してみるサンプル

前回のごあいさつ記事御礼

 ご挨拶記事にて、はてなを始めてからたぶん最高値のスター・読者登録などありがとうございました!(`・ω・)ゞビッ
 おかげさまであと数日で合計アクセスが1000を超えそうです。

C#でAD連携してみよう

Microsoftが作ったディレクトリ・サービス・システムであるActive Directory。よくWindowsサーバ内に構築し、ユーザやコンピュータを管理したりしています。ビジネスの世界ではよく「AD連携」と呼ばれたりします。
 通常他のマシンで動いてるアプリケーションからネットワークを介して繋ぎに行ったりもするのですが、設定や繋ぎ方や扱いがけっこう独特です。そういえばどうやるんだっけ?となってぐぐってみると、同じようにあれこれ調べて正解にたどり着いた方のコードがあちこち見つかります。
 実際に作ってみたものがあるので、MarkDown記法を使ってみるテストも兼ねて載せてみます。はてな上は```で囲えばいいので簡単ですね。C#を表すファイルタイプはcsでした。
 以下、NET Framework4.6なのでC# 6 で確認しています。

続きを読む

【ご挨拶】はてなブログに移行しました

ごあいさつ/このブログについて

 みなさんこんにちは。id:iwasiman のいわしまんといいます。
 ご挨拶記事が後になってしまいましたが、2017/7/23をもってこのブログはURLも変わってはてなブログに移行完了しました。
 かつては、架空世界でストーリーやキャラクターを創って遊ぶアナログゲームの1ジャンル、「テーブルトークRPG」(TRPG)の話題を扱う個人Webサイトの入り口として更新情報等などを掲載、メインコンテンツとして移行したあとはTRPGセッションのプレイ記録や映画や本の感想などなど、諸々の記事を載せていたブログです。
 はてなブログの公式グループですと ゲーム>テーブルゲーム あたりにTRPG系の記事を書いている方もいますね。

続きを読む

【感想】わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

絵で学ぶジット、じゃなくてギット

 漫画で読めるシリーズでネット上でも評判が高かった読んでみました。CVSSubversionと来て今や世の中一般でバージョン管理システムデファクトになったGitの入門書です。以前はCode IQに連載されていたものですね。

codeiq.jp

 技術系の本でも時々ある、女の子たちが学んでいく図式の、ビジュアルで分かりやすく学べる本です。女の子が出てくる漫画といっても露骨な萌えやエロには走っていない親しみやすい絵柄なので安心して手に取れます。
 コミットとステージングの違いとか、幾つかある重要カタカナ用語とか、ビジュアルありで見るとだいぶ納得できますね。操作もコマンドベースでなくてSourceTreeというGUIツールでやってキャプチャ画像も多いので、さらに分かりやすいです。
GIT解説本は良書もたくさんありますが、非エンジニアの人でもすいすい読めてイメージが湧く最初の一冊にはちょうど良いのではないでしょうか。僕も1日でサクッと読めました。

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

続きを読む

【感想】TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版

最新のASP.NET Web Forms 丸ごと解説本

 ちょいと仕事の案件で必要になったので最近の本を一冊体系的に読んでおこうと思って揃えた本。
Microsoft.NET Frameworkを使った世界の中で、Webアプリの見た目周りを取り仕切る基盤技術 ASP.NET。HTTP回りの事をあまり気にせずともWindowsフォーム開発と同じように開発できるようにしようという基本理念で作られた技術がこのWeb Forms(複数形のsが付く。日本語だと「Webフォーム」)。長らくASP.NETイコールWeb Formsでしたが、最近はASP.NET MVCという別の技術も登場しています。
 本書は2015年刊行、ASP.NET4.6対応、例に登場するIDEVisual Studio 2015 ommunity版です。

 ASP.NETはずいぶん昔にやったきりでなんとなく理解したままでいたのですが、今回この本を読んで体系的に理解し直せてだいぶすっきりしました。
 C#や他の言語でWebアプリの開発経験ありの人にはオススメです。サーバコントロールの種類からaspxファイルでの書き方全部、検証コントロール、最近MSが提唱しているDBアクセスの仕組みのEntity Frameworkとの繋げ方、付属している認証の仕組みのASP.NET Identity、中でjQueryが動いているASP.NET AJAX……などなど、最近のWeb状況に合わせてWebフォームのことがまるっと一通り全部書いてあります。帯に「基本に忠実だから安心。長く使える定番教科書。」とある通りの本です。
 兄弟シリーズにVisual Basic対応版もありますが、まあ今どきお客さんの特定要件が制限がなければC#でしょう。

TECHNICAL MASTERはじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発C#対応版

TECHNICAL MASTERはじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発C#対応版

続きを読む

【感想】ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え

バグやコーディングにまつわる四方山話

『SOFT SKILLSソフトウェア開発者の人生マニュアル』と同じところで似た装丁で出ている本。バグのない良いコードを書くにはどうしたらよいのか?というテーマを中心に、コーディング周辺の話題を様々な立場のエンジニアやプログラマーが贈る、エッセイ集です。
 『達人プログラマー』や『プログラマが知るべき97のこと』などに若干似ているし被る内容もあります。時代・言語を問わず普遍的なコーディングの原理・原則回りの話になればそうなるでしょう。しかしこちらの方が啓蒙というより純粋な読み物の色が強く、エッセイとして気楽に読めます。ちなみにバグといっても現役開発者の人が読んで怖くなるような話は出てきません。(笑)

 各エッセイは2ページ程度で短く、文中に実際のコードなどは出てこず、翻訳も日本語として不自然な所がないので割とすらすら読めます。LinuxとかFreeBSDとか専門的な言語など若干昔の話題もあれば、ユニットテストエクストリーム・プログラミングなど比較的新しい話題もあり。若い頃の小さな失敗の話やスケールの大きい宇宙開発の大きな話もあります。プログラムがパンチカードに記録されていた頃の話などおいおいどれだけ大昔だよ!という話も。
 話は時系列にまったく並んでおらず、ごった煮的に様々な話が入っているのが逆に面白い。各エッセイに添えられている格言やセリフ的なものもなかなか味わいがあります。

ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え

ZERO BUGS シリコンバレープログラマの教え

続きを読む