Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

トーキョーN◎VA THE AXLERATIONを遊ぶ第八回ライドオフ 参加締切り6/30

ライドオフ8th開催:7/21、参加締め切り:6/30

 ここはお知らせの記事です。TRPGのN◎VAを遊べる若手世代主催のオフ会として、らららオフと並んでDetonation時代の盛り上がりを支えてきた『ライドオフ』8thが、サプリメント『クロス・ザ・ライン』発売祝いとN◎VA-X時代のムーブメント加速を目指して2014年7月21日(月曜祝日)に開催されます。
 今回は規模を大きくして新宿スポーツセンター大小会議室貸切、全12卓プレイヤー48人構成です。シナリオ情報が上がってくるのは7月〜ですが、プレイヤー参加申し込み期限は月末6/30(月)に迫っています。ご興味の方は加速して早めにお申込み下さい。トップページからすぐ飛べる応募フォームから申込み可能です。以下枠内引用です。

▼開催趣旨
サプリメント『クロス・ザ・ライン』の発売によりさら加速するトーキョーN◎VA
ということで、前回のライドオフから半年近くたったこともあり、『今が旬!』と思い開催させていただくことにしました。
新宿スポーツセンター大小会議室をどちらも貸し切ったちょっと大規模のオフ会となりますので、皆様のセッション機会の活性化に使ってもらえれば幸いです。

▼参加RL(50音順、敬称略)(12卓予定)
緋、生方一寛、からい、からすば晴、梔子薫、くべ、くらいす、コバヤシ、ジニア、ソエジマ、SONE、よねちょ

トーキョーN◎VAオフとは一体何か?
公民会の会議室に集まって、トーキョーN◎VA-Xのセッションを遊ぼうという企画です。
OFF会と銘打っているのは、基本的にウェブ上での掲示板での事前準備を通し、オフ会当日に集まることを目的としているからです。
mixiツイッターで名前は知っているけど、実際に遊んだことがない」
「引っ越しや就職などで環境が変わって、なかなかセッションの機会がない」
「とにかく、N◎VA-Xで遊びたい!」
みたいな感じのニュアンスで開かれる集まりでございます。

日程  2014年7月21日(月・祝) 13時〜
場所  新宿スポーツセンター(高田馬場駅
規模  12卓程度/プレイヤー48名程度
参加費 500円 予定
システム:トーキョーNOVA―X
また、参加費3000円前後で二次会のほうも予定しております。

予定スケジュール
○RL選定: 〜6/15
○参加者募集:6/17〜6/30 ←★今ここ
○シナリオ提出: 7/1
○参加者選定:7/1〜7/2
○卓希望回収: 7/3〜7/7
○卓分け: 7/8〜7/9
○PPA:  7/10〜7/20
○本番: 7/21

当日のタイムスケジュール
13:00〜13:15 受付
13:15〜13:30 開会式
13:30〜18:30 セッション時間
18:30〜18:45 閉会式
19:30〜21:30 二次会

 東京近辺のオフ会だとRLメンツとシナリオ情報が揃ってからプレイヤー募集開始の事が多かったですが、今回はPL募集の方が先なんですね。特に遠方からの場合には、RL情報やシナリオ情報を見てから行くかどうかを決める……なんてこともあると思いますが、今回は何はともあれ参加申し込みからです。三連休の最終日なので遠征など他の予定とも合わせ易いと思います。
 既に一線は退いた身ですが久々に休日アクトをしようと僕も申し込んだので、通っていれば当日お会いしましょう。定員48名、締切5日前で僕が39人目でしたので今回も抽選となりそうです。

 主催者のライドさんとしばらく前に遊んだ時、この【Rのつく財団入口】の告知を見て3月の一心不乱オフに初参加した方がいたという嬉しい知らせを聞きました。
 有効ユーザ母数が比較的小さいTRPGというジャンルにおいていつも大事、版上げの時期にさらに大事なのは新規ユーザー層、若手ユーザー層の開拓。N◎VA AxlerationからN◎VA-Xを遊び始めた、Twittermixiニコニコ動画やpixivやLINEなどで最近TRPGクラスタの人たちと繋がり始めた、いつもの仲間うちから拡大してお外のオフ会というものに初参加してみようか考えている……という方も、ぜひご参加ください。

ライドオフ関連情報

 ネット勢N◎VAラーのいつもの面々や参加を考えている人のツイートがあります。

 主催者のライドさんの熱いツイートや主催の狙いなどが読めます。

 シナリオ情報は7月予定ですがこれで緋くん卓のシナリオが確定。
Redman Scenario Supportシリーズに公開されているこの作品は2013年秋、N◎VA-X発売直後の『加速オフ』で玄澤監督卓、当時のタイトルは『或る弾丸の終末 -End of velocity-』として回されたものです。細部が公開版シナリオとは異なっていますね。
 PL陣は何を隠そう僕らだったのですが(笑)、持ちキャストの初のTNXコンバートがキャスト陣ではマイナーな、マーダーインクの魔弾の射手、鏡のシャーロットが参戦。シナリオの枠想定とはやや違う形でクーゲルズ・チャンバーの獅子身中の虫としてPC2レッガー枠に入る(スタイルにレッガーないけど)というなかなか面白い体験をしました。アンダーワーク情報からも想定できる展開ですが、この卓の時は最終的には◎ーゲルたまが遂に死すという終わり方でしたね。ライドオフ8thの本番ではどんなストーリーになるでしょうか。

 当blog/サイトの記事を発掘すると出てきたのが遡って2009年のライドオフ的な何かの会の記録。まだ規模も大きくない頃に僕がRLで同人誌掲載のライドさん作シナリオを回した時のものですね。この時のシナリオチューン技法の記事は、期せずしてシナリオ作者含め長らくご好評頂いてしまいました。w



 そういえばしばらく前にNAGOYA方面からTOKYOにいらっしゃったうずぶしさんの渾身のぬいぐるみシナリオ『子ども部屋のライナス』をライドさん/期待の新星三井さん/紅河チルドレン元締めの紅河御大(笑)さんと遊んだ時のポストポストアクトで、今度のライドオフ開催を考えていることや各自のシナリオ案構想やら、思い出に残るアクトやキャストの話になりました。
 僕もN◎VA-X記念にばーんと新作シナリオとか過去作のコンバートとかしたいなあと話していたら紅河御大が「その話期待しちゃってイイですか?(゚∀゚)」と鋭く反応してきたのが記憶に残っているところでありまつ。 ・゚・(ノ∀`)・゚・。
 まあオフ会のRL等は力をつけた若い人にどんどんチャレンジしてもらうとして、うーん確かにほんとはシナリオ作ったりしたいんだけどなかなかまとまった時間が取れないなあ。
 それはさておき、人が集まってイベントになると、新たな出会いや新たなセッションの機会、モチベーションの刺激や見識の広がり、新たなアイデア……などなどコミュニケーションが源泉になって新しいものが生まれ、思いが発火してデトネイトしたりアクセラレーションが掛かって加速されて強くなったりして、何はともあれ盛り上がるものです。参加を検討している方はどうぞご参加ください。 ヽ(´ー`)ノ