Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

一心不乱オフ2012【二次会〜編】

にじかい!

 二次会はだだっぴろい座敷の吹き抜けで壮観です。一次会から何人か抜けて70人台、ほとんど大きな会社の忘年会みたいですね。僕の場合で見渡して7〜8割は知り合いですが、流石に人がたくさん多すぎてあちこちと挨拶しそびれましたねー。日記で同じように感じていた人が多かった気がします。


★久々にLEDman親分と話をする。今日はヴェロニカの物語を生き抜いてきた天誅蕎麦屋、同卓で遠方のTOMYさんが演じたキャラがもう一人のLEDmanWorld代表キャストである某AIと魂の双子レベルに似ていてアイヤー!であったという話を伺う。
 LEDman親分とはゲーム以外にもオトコとして色々語り合いました。キャーオトナー(ノ´∀`*)

★振り向けばツタヤ。じゃなかったタツヤ監督。そして振り向けば今日も人気の完全復活ほりの皇子。やはり「ほりの皇子が鉄鎖監督の宇宙シナリオに行くのは分かっていた」という話になる(笑)。僕以外にも同じことを思った人は多数いる……はずだ!
 相変わらず皇子は人気です。その人気に嫉妬……!(ノ´∀`*)
 オフ会触発パワーでシナリオトレーラーがうpされていますね。

★J卓タツヤ監督の『ゴーストEYEランドの秘宝』も僕向けですよいう話を聞いたり冒険少女役の中の人を担当したJACKさんから様子を聞く。
なるほど、冒険に秘宝、たまりませんな。そして小生の中でマイナー組織人気ダントツNo.1のMIDが出てくるのも外せませんな。( ´∀`)
 そして、今回の『ゴーストEYEランドの秘宝』では、赤ゴスの女の子が好き過ぎて(以下略)なチャクラ厨というお方が演じるモー◎レッドがプライベートビーチで水着シーンを(以下略)であったといふ談話を頂く。( ´∀`)

★そちらはどうだったのよという話になったので、本番数日前にやっつけで作ってmixiにうpした僕のキャストのノエル社長のDivergence社のロゴ画像をiPhoneから見せる。適当に作ったのでiPad上で見ると拡大されて若干荒いのですが、iPhone横向きで見ると期せずして丁度良い大きさだったのです。一見iPhoneアプリの起動画面みたいでちょっとクールですね。


★そして、ダイバージェンス社のネーミングは「意味なんてないさ」「ニュロ!」だが、単語自体の由来はTRPG者にもファンが多い『シュタインズ・ゲート』なんですよトゥットゥルーという話になる。( ´∀`)

★するとタツヤ監督、突然説教モードに。小説版を先に読んでアニメ版を見るというルートを経たあんたは邪道だ、ゲーム版からやるのが正しいシュタゲ道である。そもそも自分はあれをやるまでノベルゲーにサウンドはいらない派だったがシュタゲがきっかけで(ry というアツい説教精神戦攻撃をセットアップから連続アクションでくらう。www
 実は前も酒の席でchihayaさんにまったく同じ内容で怒られたことがありますおっおっ。ぬおーなんで別々の人から同じネタで2回説教されねばならんのじゃあ〜。シュタゲ厨乙乙! (^ω^)

★修羅の国NAGOYAから来たのらうさぎさん【ROSIER NOIR/黒薔薇の人】がテーブルに来て、なぜか周囲の全員で正座してキャストの反省会になる(笑)。みんな色々反省しておられました。NAGOYANはなんか反省が多かったような……(゚∀゚)
 思えばあの昨年6月のナゴヤTND3rd翌日会の宿命の日、『アステールの宝珠』4th飛行で見た“ラフメイカー”ケイはヒロインをSATUGAIしたりしない綺麗なキャストでした。絶滅種と言われる「きれいなのらさん」はやはり、あの日だけのイリュージョォォンなのでしょうな……(´ー`)y-~~~

★そしてなんか「総帥には事前に<※プレッシャー>を掛けたり事前に期待したり<お願い>すると詳細なプレイレポートを書いてくれるらしい」という話の流れになる。(笑) そしてのらうさぎさんとこの日同卓だった輝冬こなゆきさんと+周囲まで期待の目でチラッチラッとしてくる。ぬおーなんじゃそりゃああああ〜〜(^ν^;)
 まあ昨年のTND3rd&翌日会の時も書く予定でちょっとは下書きしたんですけどね。実は帰った後僕が腰を痛めてしまったり仕事が重要な節目だったりで、結局書かずに時が経ってしまったのです。

★近年、年間同卓頻度が実は高い(笑)【駄兎本舗】の文月さんがやってくるのでいろいろ話をする。別にめでたい話なんて何もありませんよ〜(^ω^)
僕が昨年のTRPG納めの日に間違えて持って帰ってしまっていた「翡翠の兎」(というと宝物っぽい)は、年を越してこの日無事に兎の巣に帰ることができました。


★ほか、同じ【駄兎本舗】の兎の巣のHIZIRIさんからも御挨拶を頂きました。(はは〜)
 この時文月さんもHIZIRIさんも探していたが、バアルさんはバイクで帰ったはずだった。(笑)

★スタイリッシュに夜のストリートを駆け抜けたL卓『BURST RIDE!』のhide監督がやってくると、足りなかったポストアクトが始まる。キャストの素晴らしい活躍を回りの面々が見ている前で語り合い、正座待機して聞くという実にすばらしいポストアクトでありました。(一部嘘)
 あまりに素晴らしかったので正座待機の写真も撮ってありまーす。(^ω^)
[:large]

★そしてhide監督の持ちシナリオの話になってなんか「あの枠はいわしさんのアレックスみたいなおとなカブトを想定してたんですよ」という名指しキャスト指名になる(笑) くわっ! それを先に言ってくれたまえ。ならば我が財団の代表キャストの名にかけて。しかと受けざるを得えまい……!(`・ω・´) シャキーン
 そしてさらに意味不明なことに「いわしさんとhideさんが両方ともNAGOYAに来てそのシナリオをやればいい」という話の流れになる(笑) もうわけがわからないよ……(^ν^)

★アクトは昨年9月のN◎VAカフェJ◎KER翌日会以来だった紫さんがテーブルのお誕生日席にいたので再会する。 (*´∀`)b゚+.゚イィ!
 あの時の『アステールの宝珠』第5次作戦の吸血鬼お嬢様エリーゼもなかなか印象に残っています。
 こういうイベントがあると一気にTRPG熱が高まって何か始まったりすることがあって良いことなのですが、この時もN◎VA熱がかなりブーストされたようで突発翌日会メンツを探しておりました。結局集められたのかな。翌日でなくても何かムーブメントが起こると良いですね。

★確かこの時回りにいて僕にもアイサツを頂いたのがSkype前日会にもいたya-naさん、MERUさん、アスカゼさんたち……だったかな?
 mixiの最近のアクティビティ(画面上は動きか)からも感知できるこの流れ……ここは流れに乗ってマイミク申請をハッシャしてしまうべきか?(チラッチラッ

トーキョーのビッグなオフ会は初めてで朝は緊張気味で今はテンションがかなり上がっていたTOMYさんと立ったまま再び巡り会ってそのまま語り合う。あの伝説の紅河チルドレン(笑)第四世代、最も若いフォースオピニオン組であります。
 互いの今日の卓の話とか、本日のTOMYキャスト“女教皇”“折れた牙”ガネーシャのことを、あのLEDman氏が自分の某ニューロキャストと魂の双子のようだと評していた話とか。
 そしてTOMYさん翌日のことをかなり残念がっておりました。そう。翌日会にキャッチされる前ならJACK&TOMY組が揃うので、あと誰か捕まえて僕がプチ翌日会的に何かやろうかと思っていたのです。まあ機会はまた作れるのでその時こそあの宇宙に飛び立ちましょう。 (っ´▽`)っ

★なんか後から考えたらG卓なま監督卓面子が多いですが、アルさんと久々に合う。芝大OB組、すらのば組の良心代表であります。ほんとうに久しぶりだ……(ホロリ)
 “静剣”篠上刀真がPC1だったのはキャストDBで偵察済だったので、重要ゲストのニッキー・スネイクとどのように戯れたのかを聞く。そして聞かれたのでこちらのO卓のノエルPがどのようなP力を発揮したのかを話す。
 あとはアルさんとはリアルの話もオトコ同士で語り合いました。キャーオトナー(ノ´∀`*)

★そしてTOMYさんの相棒のJACKさんを再発見して、御所望に応じてiPad2で色々見せながらゆったりとアツく語る。
 遂に就職で編集系に進むということで、僕のTwitterで時々流れていくフォント周りの記事などなどの紹介がいつも役立っているとのでした。
 僕のそれ系のツイートはたいてい別サービスを使ったはてなブックマークからの定期転送なのですが、こういうのを聞くと、Webでの何気ないアクションでも誰かの役に立つことがあるのだなあと改めて思います。近年のWebサービスの発達と共に現れた、情報のキュレーションとしての価値ですね。

★そして前から気になっていたけど詳細が分からなかった話を聞くことができました。ぬぁんと、【RI財団】にちゃんとしたコンテンツとして記念掲載してある数少ないN◎VAシナリオ、一連の作品の最初の作品である『星月夜作戦』をJACKさんが回してTOMYさんたちがPLで遊んでくれたそうなのであります。

TOMYさんは今回のAZキャストでニューロ枠だったとか。悶絶……! すごい。作者の僕以外に回したという話をほとんど聞かない(笑)あれを……!(ノ´∀`*)
 その時は上手く回しきれなかったけどゲストの(ピーー)さんがかっこいいですとか(ピーー)の陰謀はやっぱりかっこいいです、(ピーー)のアイデアがすごいですという話を聞いたり、実はこっそり他の作品とリンクしていて(ピー)の宝珠の物語に出てくる(ピー)が(ピー)のお姉さんということになってますという話をしたりする。
 なんということだ、自分の作った過去シナリオを遊ばれるというのはこれほど悶死レベルのハズカシサを伴うのか……っ( ´∀`)σ)Д`)
 まあ星月夜作戦も洋画のアトモスフィアを色濃く帯びているし、結局僕がRLするのが一番なんですけどね。作ったのは『ストレイライト』が出た頃ですが今は(ピーー)のオモシロな追加ワークス装備も増えたのでアウターエッジ版にもできます。リクエストを頂いたので、よしいつかやろう。

★そして滑らかに動くiPad2の中を彩る画像の数々……ほりの皇子イラスト+3Dアバター+ロゴに実在の写真がコラボレートした何十枚ものデジ絵を見て、頂くリクエストはTOMYさんとまったく同じ。
 よし決まりだ。ターゲットはこういうオフ会でなくとも土日のいつか。JACK&TOMYでオリオンをなぞりながらあと誰か捕まえて、『アストライアの涙』第9次航海をいつか必ずやりましょう。 (o・∀・)b゙ イィ!


★そして最後の最後、これまたかなり久々に帽子屋さんに会う。あっきぃさんと同じくもはや名前が懐かしいグラスホッパー組であります。東村山の例会に遊びに行ったりしたのがもう6-7年前か……(ホロリ)
 あの頃の面子でまったり集まりたいねえという話をしたり。そしてここでもゲーム以外のこともオトコ同士で語り合いました。漢はやる時はやらねばならぬのです。キャーオトナー(ノ´∀`*)

★ほか、昨年TND3rdの時に接近遭遇しそびれたゆとりさんとようやく御挨拶できました。(はは〜
 ニコニコ動画では「ゆとり」「KAITO」で探すと見つかるそうであります。よし、探そう( ´∀`)

 というかなりカオスな感じで、忘年会もかくやの70人規模大二次会は終わるのでした。


まだ続く3次会

 オフ本編は抽選がもれていたRIKI-Oさんがシャレ乙なBARを探しておいてくれたので、実はその後は、蒼森からお越しの@闘吏さんを囲んで@闘吏さんを囲む会を少人数でひそかにエレガントに執り行う運びになっていたのです。
 最初は僕ら3人予定だったのですが、いつの間にか暗転丸さんとH卓RLの助清監督が合流して5人になっていました。助清監督はこの時点でもう酔いが回って口数が多くなっています。w (o・ω・)
 向かったのは大通りを歩いていると注意しないと気付かない奥にある小さなBAR。マスターがいます。オトナでシャレ乙です。客は我々だけです。さっすがRIKI-Oセレクション。そう……静かに大人の酒が飲みたいときはこういう店がイイのですよ! ゚(*´∀`)b゚+.

やっぱり黒ビールはギネスに限るぜフゥ... (´ー`)y-~~~ と乾杯して四方山話。つまみでナッツと一緒に出てきたチョコレートがとても美味かったです。
 RIKI-Oさんが平常より静かだったので体調は大丈夫かなとちょっと思ったり。話題が仕事の話で暗くなってきたのでちょっと介入して話題を変えてみたり。2次会の後だったので我々というか特に助清さんがちょっと声大きめでしたね。
 ジャパンをセルフ・ディフェンスする人々の話やコーポレート・オフィシャルの人々の話、ビズネスの話、ちょうど続編が発表された頃だったゲームのエルシャダイの話、TRPG界隈の話、Webサービスから予想できる日本のTRPGユーザの母数の話、リスクをマネジメントして早めに蒼森に帰る@闘吏さんの話などなど。

 この時飲んだカクテルの“ゴッドファーザー”が美味かったですね。ウィスキーベースなのでかなり度数も高いのですが、久々に強くて美味い酒を飲みました。地下世界より世の闇を支配するクロマクの味がします。 (´▽`)y-~~~
 そしてこういう強い酒をちびちび飲むときのお供といえば……ぬおー煙草が吸いたい〜。でも完全禁煙したからだめじゃあ〜・゚・(ノД`)・゚ ・。

 RIKI-OさんはN◎VA者の約束として“XYZ”まで飲み干していました。まだ行けるしもっと飲みたかったのですが時間もないため早めに終わり。今度こそ解散となりました。

SFなセレクション

 時間がなかったのでこの時@闘吏さんに詳しい話をできなかったのですが、SF者として最近の星雲賞受賞の短編集『南極点のピアピア動画』はかなりオススメです。表紙からしてもう誰がどう見ても(以下略)なのですが、ニコ厨にボカロ厨はマストバイとして、近年のインターネットやWebサービスの発展、CGM、ベースの科学技術がある程度分かって読むとさらに面白い。

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)

隕石衝突に地球重力脱出のアイデア軌道エレベータ、流通や海中への応用、そして最後はファースト・コンタクト、特異点のシンギュラリティを超えた社会に高次文明との接触まで、SFファン胸熱のエレメントが巧みに織り込まれています。現実のニコ動でも誰か早くボーカロイドの小隅レイちゃんを3D化しる!(´ω`)b

一心不乱オフ終了

 というわけでこれにて大イベントは一式終了です。スタッフの皆さんも参加者の皆さんも抽選に落ちた皆さんもお疲れ様でした。
 次に載せるリンク集にある通り、各方面で楽しかったという感想が上がっており、また触発されて何かをやりたくなったという声も多く挙がっています。こういうイベントが起爆剤になって何かのアクションや交流のきっかけになることは多いので、やっぱり定期的にあってほしいですね。タイトルは変われど次はまた秋ごろに何か企画があるようです。


 昨年は新作シナリオを創らなかったこともあり、自分的にもなかなかキますね。これだけの人数が集まって誰それはすごいとかあのシナリオがすごいとかあのアクトはああだったという話がこれだけ飛び交うと、不滅の闘志とジェラシィィィの炎とクリエイトの不可視の波動がギュピーンときて天上の聖なる世界からイマジネーションの光が降り注いできそうです。
 全員がびっくりたまげるような超かっこいいシナリオと映画のようなトレーラーを創ってついでにかっこいいフォントでタイトルロゴも創って堂々ロールアウト、あるいは既存シナリオでもいいから万全の態勢でマスタリングして能力の多様性と単独で保有するする戦力の高さを改めて証明してブイブイいきたい欲求がむくむくと……はっ!(゚Д゚)
 いけませんいけません。今年は自分で定めたアクションの優先度を遵守して選択と集中を図らねば。 (ノ´∀`*)
 何人かとはお話ししましたが、とりあえず、2012年6月頃に予定されているNAGOYAのN◎VAイベントのTNDの方はまた遊びに行こうかなと思っています。

おまけ

 その後はけっこう酔いが回っている助清さんとまだ行ける僕で同じ電車で同じ方向に帰りました。 (o・ω・)
 例によって口数が多くなっている助清たまが熱く語り、僕がうんうんとうなずいて聞き役に徹する展開に。前回の男同士で真顔でオサレですね発言のような爆弾展開はなかったものの、このアトモスフィアは……2011年秋のエクソダス前日会の日の終わり方とまったく同じじゃぁぁ〜w




おまけのおまけ

 翌日はJACKさんたちの迎撃は断念したので別の予定を入れて、映画『【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|シャーロック・ホームズ シャドウ ゲームシャーロック・ホームズ シャドウゲーム』でイギリスを旅立ち欧州を巡るホームズたちの旅路と教授の対決を見届けてきました。その後はおフランスな紅茶専門店でお茶です。エレガント〜ヽ(´▽`)ノ

ロバート・ダウニーJrとジュード・ロウが好きな人にもシャーロキアンな人にもお勧めです。ホームズ&ワトソンの絶妙の掛け合いはもはや夫婦漫才。ワトソン博士の結婚に本気で寂しがるホームズや男二人で絡み合ったり床を共にしたり、腐女子層も歓喜です。
 前作より重視されたアクションに埋もれがちですが、目の前の断片的な情報から真実を組み立てるシーン、今回も炸裂謎のバリツでこれから起こることを正確に予測して戦うシーンなど、ホームズの明晰な頭脳が示されるカットが数か所あります。まさにトーキョーN◎VAにおけるフェイトの<灰色の脳細胞>を始め各種フェイト特技の使用をビジュアルに表現したかの如し。
 そして「シャドウゲームに興じているのは君だけではないのだよ」とホームズとまったく同じことをやってのけるモリアーティ教授がかっこいい。おじいさんだけどかっこいい。チェス板を見ずに会話しながら詰めチェスを進められる悪の天才です。悪だけど紳士。そこがいい。