Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

アリアンロッド・リプレイ・セカンドウィンド(1) 剣と遺跡と冒険者

アリアンロッド・リプレイ・セカンドウィンド(1)  剣と遺跡と冒険者 (富士見ドラゴン・ブック)

アリアンロッド・リプレイ・セカンドウィンド(1) 剣と遺跡と冒険者 (富士見ドラゴン・ブック)

めでたく第二版シリーズが2E(にいーじゃなくてツーイーらしい)として開始、SW2.0/ダブルクロスと並んで日本のTRPG界のメインストリームのアリアンロッドのリプレイ。
2Eから始める初心者を意識した、かなりベーシックで抑え目スタンダードな内容になっています。
いつものきれいなアニメ絵のキャラが並んでいますが中の人たちは声優さん2人、菊池たけし氏、かわたな氏、GMが久保田悠羅氏というFEAR系リプレイのいつものメンバー。キャラも主人公っぽい若者に、彼がひそかに気になるヒロイン(らしい)メイジのツインテの女の子、金に煩い大人にうっふんバニーの銃使いのおねいさんというこれまたいつもの構成です。
PC3のジェイス・ロウなんかはいかにもきくたけ氏らしいキャラですね。PC4の萌えキャラのマーチのバニィはどちらかいうとかわたなさんよりも久保田悠羅さんなんかがやりそうなキャラだなと思いました。口調も天然気味でカラーリングも黄色暖色系ベレー坊、ちゃんとマスケット銃も持ってるので、第3話あたりでマミられないかつい気になってしまう人は円環の理のこちら側にもきっといるんじゃないでしょうか。w


 内容は冒険者たちが出会ってPT結成、ダンジョンにもぐってダイスの目に一喜一憂して敵を倒してミッションクリア、さあこれからという、まさにファーストアドベンチャーの王道な極めてベーシックな内容です。商業リプレイだと大抵2話のところも1話にしています。
 フェイトを使ってさらにフェイトを使ったときのダイスが温存されたり細かいところにリファインが掛かっていますが、このリプレイから読み取れる2Eの大きいレベルの変更点というのはなさそうです。キャラメイク回りやスキルの細かなバランス調整など、やはり改良点は細部に宿っているようです。

 これから始める人を意識した短めの作品なので、各種あり乱発気味でもある日本の商業リプレイをたくさん読んでいる人だと物足りないかもしれません。
総210P余り、一般的な文庫からしても薄めのリプレイなので、1時間掛からずに読み終えることができました。
 あとは初心者向けをうたっていながら既存の他のサプリメントの話が出たり、続行中のサガ・リプレイの話が出てくるのがちょっと気になりました。
 サガ各シリーズに東方のブレイド、他、幾つもリプレイが並行で走っているアリアンロッドは、続行中のシリーズは次巻から2Eルールでやるそうです。キャラクターのそのままのコンバートはスキル効果やバランス変更で難しそうですが、サプリ等の今までの資産もいくらかは再利用するような形を考えているのでしょうか。
このへん、過去資産を全て捨て、背景世界からばっさり変えてゼロから再スタートしたソード・ワールド2.0のアプローチとは逆で面白いですね。
夏に開催されるJGCでも話題の新作として大きく取り上げられるでしょう。TRPG界のメインストリームを支える作品としてまた賑やかなことになりそうです。

アリアンロッドRPG 2E ルールブック(1) (富士見ドラゴン・ブック)

アリアンロッドRPG 2E ルールブック(1) (富士見ドラゴン・ブック)

アリアンロッドRPG 2E ルールブック(2) (富士見ドラゴン・ブック)

アリアンロッドRPG 2E ルールブック(2) (富士見ドラゴン・ブック)

【FEAR Online】のアリアンロッドRPG2Eサイト
http://www.fear.co.jp/ari/

田中天氏の【天日録】
http://d.hatena.ne.jp/tentana/20110718