Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

星の海への航海第7回目のイメージ画像

 ここはおまけのエントリですよ。
 宇宙への冒険に乗り出すトーキョーN◎VAの拙作SFジュブナイルシナリオ『アストライアの涙』の第7次航海が迫って参りました!
 前回の6thは遠くオーサカで大成功を収めましたが、今回はトーキョー近辺から、中の人も外の人もかなり異色の冒険者が集うことになりました。


PC1タタラ枠:藤崎純也さん
 オフ会などで会うけどTRPGの予定が詰まっていてなかなか遊べない藤崎さんたっての希望で今回の催しが実現したのです。ゲストのアーチャー教授の友人だった数学者が星の海への航海を率いてしまいますぞっ。

PC2カブト枠:鉄鎖さん
 こちらもオフ会などでニアミスするけど同卓がなかなかない(笑)テッサたんとやっとお相手仕ることになったのです。
 キャラは南米で兵士の間で育てられ今は学校に通っている支倉シオリ(16歳女の子)がダルデレひろいんとして参戦することに。
 さあ。ゲストにイラスト付きで思春期の少年を配して女性キャストを釣るつもりでいた悪徳監督ひよこPの計画が叶わぬまま幾星霜。毎回必ず漢のカブトしか来なかったこの枠に、ようやく女の子が来ました。7回目です。7回目にしてやっと成就です。立てよ国民!

PC3ニューロ枠:たんたんさん
 池袋界隈で時々ニアミスするたんたんさんがレアな同卓となりました。聖ミシェル学園や新星帝都大付属校で図書室のわんこをしている眼鏡っ子の香川クドリャフカが宇宙に旅することになりました。こちらも女の子。2枠3枠が女の子の組み合わせは今回初めてですね。全てSF縛りにしてある本作は情報もボリュームがあるので、彼女のニューロ能力は必ずや役に立つでしょう。

PC4アラシ枠:hideさん
 産地直送ヒデいずむ、割と近年ニアミスばかりが続いていたミュージックメァンのhideさんと超久々に遊ぶことになりました。
 ここは勇者である輝ける魔術師ケイジくんを……ではなくて、さァみんなご存知リプレイ同人誌にもなった『陽炎の月』シリーズのジョシュア・ジョイスが。
「王道しゅごい好み」「鬼かっこいい」と読者から大絶賛(笑)の王道ウォーカー乗りの若者が超AIヒロイン(推定)のクラリスたんと共に星の海の戦場に赴いてしまいます。今回も4枠がかなり熱い予感! ゲストのストラトスくんは前回は眼鏡っ子とイイ感じになりましたが今回はヒーローが相手だ!


 キャスト決定が遅れたりしましたが前回分のシナリオチューン部分もテキスト化して組み込んであるし、準備はほぼ完了ですね。
 ということで、シナリオ本編開始時に生存しているゲストを集めてイメージ画像を貼ってしまうのです。