Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

2Dイラスト3D化計画【錬金術の娘編】

 こちらの続き。RI財団の2010年エイプリルフールページの3D化の謎を語るおまけエントリシリーズが 3Dへようこそ!とNHKへようこそ!風に続きます。

 しかし昨今の日本のTRPG用語における「ひろいん」に近しいキャラクターからまず創るところに業の深さを感じまするが、こっこれは……ひよこPの命令なんだっ!w
 それに事実としてパーティキャッスルに登録されているキャラクターも、投稿されている服やアクセサリーも、女性用が圧倒的に多いんですよね。着せ替えにバリエーションがあって楽しいのは女の子ですからねー。
 そしてタグ検索すると「男の子」より「男の娘」の方がアイテムが豊富なあたりに、世の姫方の業の深さを感じまする。w
 というわけで今度はトーキョーN◎VAのオリジナルシナリオ『セレスタイトの杯 -夜の旅人たち-』より、ひろいん(?)のアマーリアを創ってみました。

写真1:


 彼女はイラスト依頼時のイメージモデル(ゲーム『ヴァルキリープロファイル2』のアリーシャ姫)に似せてイラストでもヘアバンドを付けていますが、髪飾りアクセサリーも豊富なパーティーキャッスルにこれはありそうで意外にない。ひとまずカチューシャで代用しました。
 髪は亜麻色(金と茶の中間)なので実際は茶色系にしました。
 彼女はほりの絵だとほりのイラストによく見られる儚げな雰囲気もあるし実アクトでも大人しい感じだったこともあります。この3Dモデルは表情が笑顔でひろいんひろいんしたポーズなので、そのへんの要素はいまいち出せませんでしたが、柔らかでアンティークが似合いそうな感じは出せたかな。
 お付きの竜のダンテ君はさすがに無理でした。ハイ。

写真2:


橙色の服を試着してポーズも似てみました。これは色合いもまあまあ似てると思うのですがどうでしょう。w

写真3:


 みんなでフィレンツェへ観光旅行。こういう脳内妄想の非実在シィンが割合と簡単に作れてしまいます。
\3Dへようこそ!/


動かなくても立ち絵でもいいので、こういう3D画像を埋め込んで動画やFLASHでトレーラーを創ったらさぞかし格好いいでしょうねー。(*´▽`).。oO

ポイント制なのでキャラは無限には作れませんが、依頼があれば知り合いの持ちキャストとか、シナリオのゲストとか、公式ゲストの類も再現できます。服装や髪の色、手持ちアイテムなど、特徴のはっきりしたキャラクターの方が作りやすいですね。

\3Dはじまった!/