Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

『アストライアの涙』第6陣【その2】

航海に旅立つエレガン徒とエレがつ徒たち

PC1:“栄光の手(ハンズ・オブ・グローリー)”レイク・アンドリュー

【フェイト◎, エグゼク、タタラ● タタラ:アドバイザー4 28/眼鏡男子】
 キャンベラAXYZ出身の私立探偵。その優秀な頭脳によって学生時代から数々の発明・発見を成し遂げ、十分な収入を得ると探偵に転職。真実を暴くことを目的として活動している。茶色の髪に緑の目をした白人、眼鏡男子。各分野の学術知識や他者のサポートに通じた知性派。右手のサイバーアームの杯の紋章には“ホーリィ†グレイル”の冒険で得た秘密の力が封じられている。現在までも様々な冒険で多くの秘密を解き明かしてきた。
 科学分野の発明にはもう満足しているレイクにも、学んだ若き日があった。空の彼方の楽園の泉に、軌道エレベーターが伸びるAXYZの平原で互いの夢を語り合ったジョナサン・アーチャー教授。空の彼方に散ったはずの教授から未来のレイクに届いた手紙。各種属性保持金髪褐色美女の秘書キャサリーンとのディナーの約束もそこそこに、レイクは宇宙に行くことを決心する。3個艦隊が既に捜索済みのL5宙域で、実験コロニーは消滅したのか。忘却の河、ヘカテの威光、最後の理想郷、幾重にも張り巡らされた謎の向こうに真実がある。2枚のJusticeのタロットカードに隠された秘密、そしてアーチャー教授の残した遺産とは。
 栄光の手を持つ知の世界の冒険者は空へ向かう。いざ往かん、星々の世界へ――!

Player: 銀魔人 さん

 思えばかなり前からの交流になっておりました。銀河魔乳星人のぴか中パパの銀魔人のおとさまであります。「銀魔人!どうやらお前と俺は戦う運命にあったようだな!」とか言うと厨房っぽいですね。w
 一線級に見えて実は使うのが半年振りだったというインテリジェントな眼鏡探偵レイクがPC1を担うことになりました。今回の布陣は重度のメガネスキーがいるのですが、眼鏡でも眼鏡男子ではボール球だそうであります。w
 レイクは直接戦闘能力はないものの、高能力のサポーター。<アドバイス>5Lvが一貫して猛威を振るい、眼鏡が光って<シャーロックホームズ>に<究極鑑定>。<試作品>で下の槍兵ラムファーダの魔槍をパワーうpと縦横無尽。
 本作はタタラシナリオなのでタタラキャストにはオープニングでボーナスとして、プロフェッサーなアーチャー教授が<究極鑑定>か<アドバイス>を教授してくれるのですが、なんとレイクは両方とも最初から持っているという名探偵ぶり。好きな特技をもらえることにしたところ、今回は(正確には不可ですが)禁断の<教授>が<教授>。レイクから各キャストに<アドバイス>や<ミスリード>が配られて達成値操作乱舞が大変なことに。展開がより派手になり、情報収集や戦闘の時間が短縮できたので、直接火力よりサポートがメインの今回面子にはこれで正解でしたね。
 アストライア第1陣が終わった去年の夏、PC1はタタラ以外もニューロやフェイトも行けるねという話をだごンさんやライドんさんらとしていた時、「じゃあ元タタラのフェイトはどうか」「狭い!」という話をしていたのが懐かしいのですが。タタラな知性派フェイトが第6陣にして初めて入ることになりました。
 そう、フェイト色の濃いキャラクターはレイクが初めてなのです。インテリジェントな眼鏡男子たるべく、中の人の銀魔人Pともども密かにかなり準備をしていたよーであります。ネット上の情報をコピって印刷してきたという科学のアンチョコ付き。作中も「ナビエ-ストークス方程式」「オイラー方程式」「ラグランジュ微分」など理解不能の超高等数式が猫くんを防いだりモニョモニョを発見したりサイエンティフィックな演出多数。先の合流を読んだ登場や、ガンダム時空のよくない言霊につい走りがちな一同をセーブしたりとクレバーな眼鏡男子ぶりを発揮。
 実はアクト前にご家族にシナリオのイラストを見せたりしたそうで、ゲストの某紳士が連れている猫を捕らえんとするため、餌で引き寄せてシュレディンガーの猫を箱に閉じ込める「カツブシ閉じ込め大作戦」をお子様が考えてくれたそうであります。
 シャム猫シュレディンガー君が備えている(ピーーー)能力のためこの作戦は不首尾に終わってしまったのですが(笑)、終幕は金色の髪の少女と共に墓参りに。先人の残した大いなる力を秘めた理想郷(ピーーー)を受け継ぐという、今までとはまた一味違った終わり方となりました。
 どうも今回は財団クォリティしなりおのPC1ということで歴代のPC1に恥じないよう、中の銀魔人Pがかなり意識&心配されていたようですが、だいじょぶですよ〜エレガントでしたよ〜と言っておきます。w  (っ´▽`)っ


PC2:“自由騎士(フリーランサー)” ラムファーダ・メイクニア

【カブキ◎, チャクラ, カタナ● 27/ゲール男子】
 自由を愛するフリーアルバイター、何でも屋、荒事屋、槍使い、NEET騎士、その全てをこなす漢。身長192cmの偉丈夫、燃えるような赤銅色の長髪に黄金色の瞳をした兄貴。アイルランド系と思われ、この世界ではフリーランサーと名乗る槍兵である。英霊かどうかは定かではない。
 臆病者を嫌い、自由と魚釣りを愛する楽天家。レジの店員から食堂のバイトに土管で寝泊りと何でもやるが、戦いにおいては無双の魔槍を操る。古代のゲールの戦士や英雄クー・フーリンが誓ったように「一騎打ちでは卑怯な戦いをしない」「勇敢な美女は決して殺さない」のゲッシュを立てている。勇敢な美少女も決して殺さないようだ。
 キャンベラAXYZのAXYZ工科大で食堂の兄ちゃんをしていたラムファーダは、普通盛りを頼む少年に有無を言わさず大盛りを押し付けていた。繊細そうな少年の名はグリフィン・アーチャー。英霊ではない方のアーチャー教授の一人息子。
 そのグリフィン少年が名刺を頼りに、N◎VAで釣りをしていたラムファーダを訪ねてきた。少し伸びた背、父譲りの冒険心。父の遺産を共に探して欲しいという願いに自由騎士は頷いた。
 宇宙というものをよく、というかまったく理解していないラムファーダは、未踏の大海原への航海に乗り出した。護るのは少年の背中。往くは星々の大河。いざ往かん、星々の世界へ――!

Player: 餅木研治 さん

 M○●Nオフでは餅木製作所の動画トレーラーと経験点500点卓が話題をさらった餅木さんがやってきました。
 奥たま謹製イラスト付きなので普段から使っているのかなと思ったらなんと今回が初稼動。なんか強そうに見えたので安心して後でよく見たらExp0。カブト枠だけどもはやカブトすら不要、漢の背中があればよいケルトの戦士。
 元ネタはTRPG者にもファンが多い、最近劇場版が公開されているアレであります。アーサー王が女の子だったり別のアヴァロンや別のアーチャーが出てくるアレの槍兵の英霊の人です。“この世界では”フリーランサーと名乗っているそうであります。w
 ルール的にはどうするのかなあと思っていたら、スリーアクションから<早代わり>で手札を交換してたまに情報収集するのでした。しかし情報収集はドルイドの仕事。ゲールの戦士は滅多に情報収集しないのです。w
 カブト枠の庇護の翼を必要としているひろいんは、ほりのイラストも眩しい思春期の男の子。これで女性キャストを釣ろうというひよこPの陰謀は今回も崩壊したわけですが、いやあ熱かった。
 序盤から槍に糸を付けてランサー的フィッシングをしている所から既に面白杉るのですが、男は背中で語るのみ、ランサー的慰め方やランサー的励まし方で少年を支え、大海を往く大航海。単なるパクリキャラには留まらない好漢ぶりがよく出ていたと思います。
 本作の登場要素は全て、SF/科学的に理屈がほぼ通るように造っています。宇宙に行けば当然空気もないし重力もないのですが、思えば宇宙ともっとも正反対の位置にいたキャラクターは今までの冒険者の中でラムファーダが一番かもしれません。原初の暴力の力の顕現というか古の戦士の魂というか。この槍使いは最後まで宇宙が何なのか理解しないまま地球に帰ってきたのではないでしょうか。w
 航海中の数々の珍事や汎用宇宙船の修理シーンも、この人の周囲だけ物理法則と技術アクシオムが違っていたような気がします。これこそ……刺し穿つ死棘の槍による因果の逆転……じゃなかった、ラムファーダのゲール戦士ぢから……。w
 正当なる決闘の末、戦士の力を認めた某紳士が(ピーーー)したのは今回が初めて。ティル・ナ・ノーグに迎えられたがつドロイドたちも英霊となっていい顔をしていることでしょう!


PC3:“デブリ”ゲイナー

【ニューロ◎, ハイランダー, ミストレス● ニューロ:ゲートキーパー1 10代後半/ジュブナイル男子】
 ネバーランドで育ち、現在はフリーランスとなった若者。防壁の構築や他者のサポート能力に優れる。金色の瞳に青い髪をした不思議な容貌で、ハイランダーゆえ実年齢は不明、生まれも不明。
 ゲイナーはそもそもどこかの宇宙船から打ち出された脱出ポッドに乗せられ、ネバーランドに堕ちてきたのだった。愛用する旧型MATRIXタップもポッドの部品から作ったもの、ウェブゴーストのアイコンもポッドを模している。シニカルだが困った人をつい助けてしまう男ツンデレ
 電脳空間を旅していたゲイナーは運命的な出会いを果たした。星の粒子の幻像の向こうに現れた少女の姿。1秒以上のタイムラグがある彼方から、アストライアは寂しそうに語る。自分の正義の天秤の力は、地球に必要とされていないのかと……。
 乙女の嗜みニューロエイジ版「り◎ん」に感化されてキラキラしているアルファ=オメガから小銭を貰ったゲイナーは、クルーの電脳担当として宇宙に旅立つことになった。軌道コロニーで出会った、彼女にそっくりの黒衣の少女の正体は。幾重にも張られた謎の向こうに隠された、電脳世界を変えうる大いなる秘密は。38万km彼方の月軌道には果たして何が眠っているのか。
 星の世界から地上に堕ちてきて幾年、数々の冒険を経てきた若者は今初めて、自らの故郷でもある軌道世界に上がる。いざ往かん、星々の世界へ――!

Player: ELDER さん

 普段は北陸、石川方面で活動している歴戦ゲーマーのELDERさんであります。そちらの普段遊んでいる方面でもかなりの重鎮のようですね。(キラッ☆) M○●Nオフには東京勢の僕ら以外にも遠方から何人か参加者がいたのですがその中のお一人。僕は初見だったのですが是非この機会にということで、銀魔人のおとさまが間を中継してくれて航海に参加と相成りました。
 ゲイナーくんは<クローン>による情報収集、<封印記憶:自動防御>からのリアクションや電脳上の精神攻撃、フォロー能力を備えた、若ニューロとしては標準的な作り。愛用のタップもポッドから取ってきたので敢えて59でなくMATRIXというのが渋い。ネバーランドに落ちてきたという辺りも、何と言うかこう外しようのない王道ズキューンな分かりやすいジュブナイル設定になっています。その後成長したので、中の人のえるだぁPによると「とうのたったジュブナイル担当」だそうであります。w
 オフィシャルのハイランダーSSSの主人公あたりをやれちゃいそうなタイプですね。そんななんだろうなあと勝手に想像していたら、なんと普段はニューロ導入ばかりで、ハイランダーぽい動きで軌道に上がる冒険をしたのは今日がどうもほぼ初めてに近いとのこと。 ニュ(・∀・)-ロ!!
 元から少年少女のニューロが似合いそうな枠なのですが、いや〜ジュブナイル担当に偽りなしでした。こういうのを真のPC1と……いやいやいや全員真のPC1ですが、このときめきジュブナイルでかゆ〜こそばゆ〜な流れには全員が「ELDERさんモテモテやなぁ」と悶死。
 解き明かされてゆく数々の謎、地球低軌道や静止軌道を越えて星の海を旅する宇宙船、そして出逢い……うーんジュブナイルです。最後は妄想ハマーン閣下のお声により2人は相成りませんでしたが、1人はモニョモニョがゴニョゴニョしてアルファ=オメガに新しいお友達ができることに。星の海の冒険に相応しい結末になりました。

PC4: “ブリスターパック”ジル・ウォーロイド

【アラシ◎, カゼ, カブトワリ● 15/眼鏡っ娘
 まだ、ウォーカーが誰にでも操縦できるヴィークルではなかった時代。イワサキ重工は操縦能力を持ったクローン兵士と旧式ウォーカーのセットを格安で発展途上国に展開、シェアを伸ばしていた。紛争地域に買われ、即戦力として戦場に投入されていった“ブリスターパック”シリーズのデザインチャイルドたちは次々と命を落とし……その数少ない生き残りがジルである。
 黒髪に黒目のアジア人の外見、20過ぎの女性に見えるがまだ15年程しか生きていない。タイ王国陸軍に買われて夏との国境戦線を生き延びたジルはタイ市民権を獲得。しかし愛機を捨てられず、退役後も傭兵を続けている。造られた人間であることの反抗の証として、視力は悪くないながら眼鏡を掛けている。
 搭乗機は沙那王MK-2に無重力空間用の改修を加えた宇宙用ウォーカー“アルクビューズ”。マスケット銃のフランス語読みの名を持つ。扱いは難しいながら高い運動性や精密射撃用に微細な動きを可能とするアームを備えた希少な一機である。
 これはジルがフリーランスとなってからの物語。地球から38万km離れた実験コロニー防衛隊にいた彼女は、壮烈な“シャングリラ-8防衛戦”の中にあった。次々と撃破されてゆく友軍機。軌道製の高性能機から地上人を見下すスペースノイドの子供たち。だが……青い亡霊に搭乗したエースパイロットの青年とジルは……互いの目の奥に戦士の光を見た。武装を失って覚悟を決めるジル機に一旦はガウスライフルを向けた彼の機体は、だが戦場を去っていった。
 そしてジルは探偵レイクの依頼で、再び空に登ることになった。シャトル“ワンディー”号は楽園の泉を越え、さらなる先へ。チャイローン・ジャンクションで主を待っていた愛機アルクビューズ。思わぬ場所で再会する二人の戦士。嵐の海を越え、断絶への航海の果て、最後の理想郷を背景に二人は再び虚空を翔ける。
 片や、第三の目のエムブレムを備えた宇宙用機アルクビューズに搭乗するジル。片や、可変型電子戦闘機ファンタズマに搭乗する銀髪の青年ストラトス。戦いの果て、ジルの眼鏡に映るものは何か――
 目的地は宇宙。いざ往かん、星々の世界へ――!

Player: 桶屋塵八 さん

 Rのつく財団ともずいぶん前からの親交になるオーサカ方面N◎VAコミュニティ。メンバーの増減も幾らかありましたが近年新しい人もずいぶん増えている模様。オーサカには桶屋塵八たまというまだ知らないお方がいる。そんな風に考えていた時期が俺にもありました……。
 しかし、この謎の桶屋たまのがmixiで入っている所属コミュを偵察するとSF周りの他にちゃんと「メガネっ子」が。ここで、はたとその正体に気付いた次第であります。w
 さァそんな次第でSF好きメカ好きメガネ好きの関西四天王、元ガンチュムたまの桶屋たまと久々に遊ぶことになりました。キャンベラAXYZシリーズの有名キャストを調整してなんとかして……という案もあったのですがアラシ枠に新キャストが登場と相成りました。
 各アクトそれぞれに合わせてしなりおを味付けするのはシェフの技。本作の主要ゲスト集合イラストをひよこPと一緒に改めて眺めてみたのですが、何ということか、6人中眼鏡は唯一某紳士がモノクルを掛けているのみ。数字にして1/12、眼鏡率たったの8.3%であります。それぞれ既に属性がある女の子たちがさらに眼鏡を掛けてみるのは、過積載でWARNINGが出まする。なんとしたものか……
 と思っていたら、キャストサイドで眼鏡っ娘を創ってくれました。なんという自家発電……軌道コロニーをも照らしてくれる太陽光の持つ無限のエナジーのようであります……w
 ジルたんは特技構成は比較的標準な傭兵アラシなのですが、細かいところにSF魂と桶屋魂が行き届いています。ムエタイの国タイですよタイ。携帯拳銃もタイ王国陸軍制式銃。地上世界で泥臭い戦い方を考えてデコイバルーンを使うのも渋い。性能のいいウォーカーも各種揃っているところであえてアストロワーク+専用機。宇宙戦用への改修は本作航海1回目に出てきたサキコ・フォーンダインが担当したという設定が、こっそりほりのコズムとリンクしています。戦いのため造られた生命というSF物ロボ物王道の設定。ちゃんと、視力が悪くないのに眼鏡を掛けていることにも理由が付いてます……!
 さあそんなこんなでパーソナルマークもウォーカーイラストも本人イラストもついて中の人がSF好きメカ好きメガネ好き。そして開幕するシナリオがSF分全開。これでもうギュンギュンに盛り上がらないはずがありません。
 いやー熱かった。物語や登場人物数にもボリュームがあるので、アラシ枠のライバルキャラの位置づけのスト◎トスくんは脇に甘んじることが多かったのですが、過去6回中恐らく今回が文句なしに最も、アラシ枠と彼の間が輝いていたでしょう。互いに過去があり、互いに想いを抱える二人の戦士がまた出逢い、また虚空を翔けてぶつかり合う。うーんたまりませんねー。
 アクト中も随所に桶屋色のSF的ムーブメント多数。シーンタイトルもほぼ全て名作SFタイトルから取っているのですが、一番反応が大きかったですからね。やはりSF好きが集まると化学燃料が混合されて発火されてどこまでも飛んでいけるんだなあと思いました。
 ツインテールドライブから萌えの粒子が散布されるなら、桶屋ドライブからはよくない言霊が色々散布されていたような気もしますが……まあそれはそれ。最後は史上初の共に運送会社で働くようになるという良エンディング。良眼鏡キャスト爆誕を果たしたジルたんが、今後も他のアラシシナリオで冒険を続けることを祈念しましょう!

監督:ひよこP
助監督:自分なので(ry


また続くよ