Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

ナイトウォッチ対応リメイクシナリオ『セレスタイトの杯 -夜の旅人たち-』FLASHトレーラー

遥かなる上古の昔、
星の光を集めて創られた、伝説の星杯。
天青石の杯を求め、夜の旅人たちが集うとき
星々の導くもうひとつの星杯探索が始まる……

というわけで記念すべき10度目の星杯探索の日取りも決まった夜警版セレスタイト。FLASHトレーラーも掲載します。


 トレーラー中ではサウンドが鳴りますが、ボタンを押すまで再生はされませんのでどぞご安心ください。


以下デザイナーズメモ

  • 旧版は550ピクセル×400ピクセルと画面サイズがちょっと小さめだったのですが、昨今のディスプレイの使用環境ではブラウザは十分な大きさで使っているので、『アストライアの涙』と同じ700ピクセル×500ピクセルにしています。
  • 夜警版タイトルロゴも青のイメージが強いものに作り直し、ゲストキャラクターの絵も大きいサイズのものに変えています。
  • 背景に見えるDingbat(絵フォント)の蛇さんは大きいとちょっと間抜けに見えますが、これは永遠を表すウロボロスの蛇さんです。
  • 夜警版は多くの情報を出さず、神秘的な予兆のイメージをメインに据えることにしました。
  • ムービーが終わった後。くるくるカードにこのシナリオと関係ない人々がいるような気がしますが、これはおまけです。何故かというと、アストライアのFLASHトレーラーで作ったオブジェクトを使い回ししているからです。 (´▽`)ハハハハハ
  • 伝説のひよこと少女アマーリアが語り合って終わった最後。「See Questers(星杯探索者を見る)」のボタンを押すと、解説アルドラ先生がゆかいなことを教えてくれます。押してみましょう。

 アルドラ先生の絵は以前創ったオンラインリプレイ『竜のすむ星』の時のものです。奇しくも2009年冬に地区“Q”ブロック05b時間管理局から出る同人誌『Bloody Avalon』にも出てくるので最近アルドラづくしですね。
 ちなみにセレスタイトに出てくるアルドラたまは、チョイ役&オフィシャル設定より古語調で喋るので、熱烈なファンの方は諦めてください。w