Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

シナリオ『アストライアの涙』プレアクト情報ページ Take Off!

 新作シナリオが発進準備完了となってきたのでトレーラー&ハンドアウト&諸々を公開しまーす。


 タイトル決定から約2.5ヶ月。イラストも依頼して構想や設計の段階から検討を進め、万全の体制で作業を進めてきました。
 過去作シナリオは全てタイトルが星や宇宙と関係しており、各々がそれぞれ題材を持っていますが、今回のテーマは宇宙。N◎VAのストリートの喧騒を後に、夢と浪漫とスケールは大きく、40万km先の周回軌道まで旅してしまいます。
 今回はSFということで諸々調査も行い、なるべく科学的な理屈の上にフィクションの嘘がつけるように考慮もしました。男子がすなるというあれ、SFなガジェットも満載。でもイラストもあるし、あれやそれやで女子もきっとすなってくれるので大丈夫でしょう(何がじゃw)
 夏の同人誌系とバッティングしないよう早めにスケジューリングした甲斐もあり、今回もほりのイラストとの最強コラボレーションが実現できました。ネットのN◎VA者にはお馴染み、ロケットが売ってない【ロケット屋ダンデライオン】のほりの皇子にも御礼申し上げます。


 軌道エレベータを通し宇宙に最も近く、豊かな自然や科学技術のイメージもあることから今回は物語の要素にニューロエイジの豪州キャンベラAXYZを入れました。
 せっかくの科学ものということで、導入枠にも比較的珍しいタタラを、死んだ旧友から手紙が届くという浪漫な序幕を用意しています。その一方でタタラにはキャラクター性の変動の幅が大きいので、それ以外のスタイルでもおkにしています。
 勿論僕がRLですから柔軟に対応しますし、特定枠が主役であとは見てるだけなんてことも起こりません。登場人物全員が平等にスタイリッシュに活躍して物語を盛り上げなくて何がN◎VAアクトか。そのへんはいつもどおりなので随時相談いただければと思います。

 世の中面白いシナリオはいろいろありますが、特徴も様々です。長いもの短いもの、凝った大作から色が薄めの小品も、緻密に構築されたものから一夜の思いつきで作られたもの、シリアスなものから完全なネタもの。誰でも回せるものから本人に回してもらってこそのもの、充実したストーリーからギミックメインのものまで。最近はカジュアルなものや勢いやネタがメインのものをよく見かけますね。

 夢は大きく、空の彼方へ。意識と望みはより高く、より遠くへ。目指すのはもちろんワン・アンド・オンリー。
 1日2本遊べる短いシナリオがTVシリーズ版ならば、こちらは唯一無二の劇場映画版でお相手いたしましょう。
 例によってあちこち方面と時々セッションの機会を設けて計10回ぐらいはまた回していきたいですね。9月以降にN◎VA界隈ではらららオフorライドオフor交流会などなどがあるみたいなので、イベント類に見参つかまつることも視野に入れています。
 なおFLASH版トレーラーも製作中です。今回はニューロです。