Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

テロねむ 暁の星作戦 ここに始動!

 インフルエンザが流行ったり内定取り消しが出て就職戦線が冷え込んだりしている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 仕事が本当に死ぬほど忙しすぎて、はてなダイアリーの方はしばらく間が空いてしまいました。


 落ち着いてきた師走の12月は今度はTRPGの方の卓のセッティングや準備が忙しいのですが、連戦の一発目。
 今年もチハヤさん主催で場所だけ提供のフリーセッション形式のイベント『クリスマスサバイバルナイト』(略してサバト)が行われます。


 今年はなんと遠く沖縄から遊びに来てくれる面子もいるところ、何をやろうか考えたのですが、リクエストに応えて伝説のチハヤ力シナリオ“テロねむ”(『テロリストは眠らない』)を遊ぶことにしました。2008年の夏コミで同人誌の形で頒布され、100部を超える好調な売れ行きを見せた作品です。


 テロリズムとの戦いというのは、トーキョーN◎VAのシナリオでも超定番、スタンダードなよく見かける題材です。基本(あるいは悪く言うと安直)な所でいうと真教浄化派の残党が暴れた、あるいはテンションの高そうな爆弾魔がN◎VAを爆破しようとしている、などなどがよくありますね。
 出来のいい映画やドラマ、僕の好きな冒険小説の分野でも心に残る作品は幾つもあります。近年はアニメでもテロリズムと関連がある作品が幾つかあるのが、世相を反映しているなあと思います。


 テロねむはそんな、オトナ路線シリアス路線のカウンターテロもの。どうやったら自分なりに考えている雰囲気が出るか考えながら、、イラストレーター陣から届く画像を埋め込みながらFLASHを作っていった頃が懐かしい。久々に自分で作ったトレーラーを見てモチベーションが上がってきました。プレイヤーで遊んでいるシナリオでいつか僕自身もRLしようと思っていたので、丁度良いですね。割と近辺ではもうみんな遊んでいるのではないかと思ったのですが、そうでもなかったようです。


 オフィシャルでも同人誌でも、人の作ったシナリオを動かす際はよく読みこんで噛み砕き、自分のものにする必要があります。今回もしまってある同人誌版を取り出してきて前もって精読し準備を行いました。
 僕の場合は多少アレンジを加えたりイメージを深めたり描写を強化したり、ゲストの印象を強めたりデータを強くしたり弱くしたり、キャストに合わせて調整したりといろいろ行う時もあります。
 今回用のプレアクト情報ページも作ったのですが、一応原作を尊重して区別すべく、記念に副題をつけることにしました。名付けて暁の星作戦!


 雪の大地に散った幾千の同志たちと共に、未来を奪われた同胞たちと共に、私は立つ。東京新星市の諸君、今ここに宣言しよう。暁の星は我が元にありと。作戦を開始する。交換条件は存在しない。私は過去から蘇った亡霊なのだ。
 ローラさんの眼鏡ぱわーとジーナの萌えイラストとネストルたんのがつパワーがあれば、この作戦を止められる者はどこにもいない。たとえキャスト1のイヌ君であっても……ッ!
 ……じゃなかった、ブイブイと遊んでこようと思います。