Rのつく財団入り口

最近の本や技術系の話などを書いてます。元はTRPG系サイトの入り口でした。

「聖杯戦争 や ら な い か」:『セレスタイトの杯』8th星杯探索


 夜の霊気の乱れは、軌道陰陽術の使い手である宙御門 春日(そらみかど・はるひ)にも十分に感じられた。秘密の杯の存在を示す証拠が、魔法の世界全体にも影響を与えているのだ。
 災いの都の夜を包む霧の中から、夜の乱れを示す妖魔の群れが現れた。蝙蝠のような翼に獣のようにも枯れ木のようにも、石のようにも見えるねじれた体を持ったアヤカシたち。ニューロエイジでは悪魔の一族の類によく分類されるガーゴイルである。
 だが怪物たちはただのガーゴイルではなかった。がつの力を注入され、人語を解する忌まわしきがつゴイルだったのだ。陰陽の十二天将よ、ご加護を! 宗家の跡取りとはいえ弱冠17歳の少女でしかない春日の元へ、奇怪ながつゴイルの群れは一斉に空中から襲い掛かってきた。


がつゴイル「オレは手から喰うぜ」
がつゴイル「オレは脚からだ!」
がつゴイル「ウホッ! みんなよく見ろ。人間の若い女の子だぞ!(じゅるり)」
がつゴイル「じょ、女子高生だ! (;゚∀゚)=3」
がつゴイル「ウホッ、絶対領域だ! (*´∀`)=3」
がつゴイル「ニーソ分が足りなかったところだぜ! (*´Д`)」


春日「今は仕事中なのよ!」


 がつゴイルたちには極めて残念な事実を伝えねばなるまい。軌道人の仮面でスクールライフを楽しみながらアストラル能力の研究を続ける春日は、黒髪に黒い瞳の日系人の娘。実際のアクトで調査に赴く時は、制服ではなく和服の上にコートを着るという設定だったのだ。


がつゴイル「絶対領域じゃない?! イクナイ! (;´Д`)」


 妖魔の群れは仲間を呼んだ。その数、全国16万の女子高生ファンを呼んだかの如しの大群である。
 春日は式神を呼んだ。よく鴉の姿をとって現れるそれは、空中に大きく羽ばたき、妖魔に触れたときに本性を現した。軌道陰陽術で<元力:生物>やウォッチャーのテクスチャをまとった鴉の実体は、タタラ御用達の<爆破工作>の演出だったのだ。


がつゴイル「うう……爆破工作イクナイ…… (;´Д`)」


 空中で誘爆したかのように次々に花火が上がり、妖魔の群れは散り散りになってしまった。
 しかし、がつゴイルはまだ諦めない。獲物の匂いを嗅ぎ付けると、別の群れが新たな犠牲者の上に急降下しようとしていた。


がつゴイル「ウホッ! ニンゲンの女の子がもう一人いるぞ! (☆▽☆」
がつゴイル「ウホッ!今度こそ絶対領域だ! (*´∀`)=3」
がつゴイル「ヒ、ヒロインだぜ! (*´Д`)」
フードの少女「おさがりなさい! それ以上近づくと、錬金術の炎で焼き尽くしますよ!」


 果敢に剣で立ち向かおうとしていた少女の下に、春日は駆けつけた。知り合いの蕎麦屋浅草寺で売り子をしている知り合いの女性と同じ、アストラル能力者の感覚。フードの下は見覚えのある顔だった。柔らかな亜麻色の髪に、不思議な銀色の瞳。
 軌道陰陽術宗家跡取りの式神がまたも冴え渡るかと見えたが……


春日と中の人「ここは、アマーリアのいい所を見るの! (っ´▽`)っ」
少女「それでは……えいっ!」


 少女が投げつけたポーションの小瓶は空中で砕け散り、中の液体は魔法の炎となって忌まわしい妖魔たちを吹き飛ばした。
 天星石の杯の探索者たちを星々が巡り合わせたのだろうか、それは偶然、春日の式神術とルールの根源では同じ技だったのである。


がつゴイル「うう……2回連続<爆破工作>イクナイ…… (;´Д`)」
がつゴイル「オデの……絶対領域……(ばたっ)」


 無念の声を上げながら、今回は何やらフェチの感ある妖魔たちは地面に墜落してしまった。
 怪物たちを無視し、春日はフードを取った亜麻色の髪の少女の元に歩み寄った。それが、杯を巡る大いなる探索の旅の始まりだった。


★     ★     ★     ★     ★


 そんなアクトをやってきましたよ。いや嘘です。アクト自体はとてもエレガントです。がつゴイルのシィンはごくごくごく一部です!w
 思えば約定の日が決まったのは9月。“テロねむ”ライブRPG の後に一緒に花やしきでジェットコースターで遊んでいった面々でお好み焼き屋に行った折でした。3人の勇者が決まり、その後準備をしながら探索の日となりました。Raithさんの都合で1週延びたりもしたのですが(僕も結局その日が仕事になり逆に都合がよかった)、モチベーションはギュンギュンと高いまま星々の示す約定の日となりました。
 今回何が嬉しいかというと意欲の高いメンバーが集結したこと。プレアクトの打ち合わせも盛り上がり、予言されたどの座にもキャストが提示されたり新キャストが推参したり。物語に最も似合いそうな面々が探索の舞台に上がることになり、いよいよ本番となりました。勝利の幻視は……確実に見えている!


PC1:魔術師の座

“神秘狩り”宙御門 春日 (“ミステリー・キャプター”そらみかど・はるひ)
【バサラ◎, タタラ, ハイランダー● ハイランダー:エトランゼ 17歳/女性】

 星の世界に名高い軌道陰陽術宗家、宙御門家一門の跡取りの娘。黒髪に黒い瞳の日本人。軌道世界と地上世界を行き来し、興味のあることに首を突っ込むアストラル研究者である。捕まったアヤカシは黒服の男たちに連れ去られてしまうともいう。月の裏側のX-55とも縁あり。
 自在に姿を変える式神を用い、鴉の姿で召喚するのを好む。正体を隠し新星帝都大付属高校に通っており、高校生ライフも楽しんでいる。若干世間知らずで2/29生まれのうお座、象徴する元素は水である。
 研究者として以前より名を聞き及んでいた天星石の杯。道端の電柱の影から現れた青の魔道師が唐突に魔術師の座の探索者を予言する。そして、忌まわしい妖魔の群れを退けた時に再会した少女は、彼女がよく学校の帰りに寄っていた錬金術の店の主アマーリアだった。研究心と鴉の式神とひよこのお守り(達成値+1)と共に、魔法の杯を求める探索の旅が幕を開ける……!

Player: Raith さん (れいす)

 LEDmanさんたちと大学サークルの頃から一緒だという天誅蕎麦屋一味(嘘)、Raithさんをゲットしました。池袋にも滅多に現れないレアモンスターです。w
 今年5月の 『星月夜作戦』13thコンピュータおばあちゃん も思い出されるのですが流石にニューロは茨の道、『ニューロエイジ横断ウルトラクイズ』で一緒だった春日お嬢様が第一希望になっています。噂によれば宙御門家御令嬢の周りにはMIBが見え隠れするよーですが、その辺は抑えて魔術師分と女子高生分といい人分を多めにしてもらい、ハルヒの冒険(笑)に出かけてもらうことになりました。
 今回のために陰陽術の演出を何か考えておこうと思ったけど結局いつも通りだったりしたそーですが、そんなものはれいすぢからで何とでもなるでしょう。年が近いこともあり、ゲストのアマーリアとのやり取りも自然に。世界を巡る探索の旅を導くのは軌道陰陽術。シナリオに込めた主題や願いを汲み取ってくれた台詞も多く、予言されし一人目の魔術師の座にこそ相応しい探索者となりました。
 おおそういえば。舞台袖でGJサインを出していたひよこ総帥監督の言を付け加えるならば。女子高校生が星の杯を求めるというのもまことエレガントな話でございましょう。制服だったのは恐らく最初の回想シーンのみ、後は和服に黒いコートだったのががつゴイルならずとも一抹の残念さを感じまするが……それはそれ。やはり女子高生は大事です!
 おっと、これは視聴率確保を至上命題とした総帥命令によるもので、ワタクシめとは関係ありません。ジーク・ひよこ! (*゚▽゚)ノ


PC2:夜の民の座

“鬼姫”九樹宮 楓 (“おにひめ”くきみや・かえで)
【カタナ◎, バサラ, アヤカシ● アヤカシ:レジェンド1 ??(外見20代後半)/女性】

 浅草寺仲見世通り、みやげもの屋で売り子をしている女性。黒髪ロングに黒い瞳のどこかとぼけた感じの和服の女性で、常に日本刀を傍らに置いているのが謎だが、朗らかな笑顔で客の受けは上々である。
 その正体は東洋の鬼一族の末裔。真に敵対した者は絶大な威力を持つ刀を携え、炎に包まれた般若の姿に驚愕することになる。
 アヤカシ社会の中ではまだ若いニオファイトであり、精神は人間に近い。先祖伝来の刀を携え実力はあるが、縄張りに無関心な変わり者である。先祖に伝わる数々の武勇伝も自らには似合わないと思っている。8/20生まれの獅子座、象徴する元素は火。
 祭りの日、店で般若のお面を手に取っていた少女と、お付きの小さな竜。何の戯れか、東洋の鬼をサロンに招いた吸血鬼の少女大公とその頼み。そして神秘の夜の中で……東洋の鬼姫は、西洋の夜を歩んできた時の旅人と邂逅する。予言されし夜の民の座にて、鬼の伝説にも語られし星の杯を求める旅が始まる!

Player: 若 さん (わか)

 よっ、若様! 勇者の国“すらのば”の最後の勇者、次世代型ハイブリッドの若たまがやって参りました。昨年のてんじキズムな 『たまきざ』13th星月夜11th の大龍変身の “万年巡査”辰巳伸也 が思い出されます。
 実は今回、候補キャストは全員いろいろ出たのですがアヤカシがいないという割と珍しい事態になりました。龍でいる間の記憶喪失の呪いが解けたうだつのあがらない万年巡査がえれがんとなヴァンパイアのサロンに行くというのもオモシロすぐるのですが、やはりここは! ひよこ総帥の一声もあり、新造キャストでジャパニーズすたいるとはいえ姫方を配置するのが万全でありましょう!
 様々な夜の種族が推参した夜の民の座、日いずる国の正当なる鬼一族は今回が初めてです。パフパフ〜。
 結果としては完全正解であり、若たまも楓ねえさんで入って満足しておりました。この日某駅西口公園で祭りをやっていたように、浅草寺祭りの場面はどこまでも和風に。対峙せし時の旅人たちの場面もエレガントに、一回だけ振るわれた炎の日本刀は何と斬58点。とあるゲストのがつセンサーにロックオンされて逃げ回るお茶目な場面もありました。
 本作はたいてい、アストラルの驚異に驚く一般ピープル役をPC4が担当することが多かったのですが、今回はアヤカシ枠がそれに近い形だったのが面白かったです。
 そして昼の聖杯に同じく、夜の聖杯の探索は物質と精神の両面を含むもの。彼女こそがアヤカシの正しき心を示すに相応しい登場人物となり、秘密の種族が一堂に会すは鬼姫に吸血鬼の女卿と、場面もぐっと華やぐのでした。
 おおそういえば。今回は和風キャストが集結しましたが、変身すると般若というのが一部アレですが、黒髪ロングに和服のおねいさんというのは重要でありましょう。
 おっと、これは視聴率確保を至上命題とした総帥命令によるもので、ワタクシめとは関係ありません。ジーク・ひよこ! (*゚▽゚)ノ


PC3:剣の持ち手の座

-天誅屋“麿”- 麻呂=グローリアス
【フェイト◎, クロマク, カタナ● フェイト:アームチェア1 31/男性】

 N◎VAアサクサで屋台“天誅屋”を営む蕎麦屋の主人。美味しいスキヤキを出す店として人気だが、ストリートの始末屋、探偵も営み、虚構と悪を狩っている。10/10生まれのてんびん座、象徴する元素は空気。
 人に語らぬその過去は、矛盾存在アーツェットに属していた機甲聖人である。弟のフィロは賢者の石に飲み込まれてしまい、魔を刈る矛盾に悩み、聖母の本殿を後にしたのだ。神理の欠片フィロはあらゆる物質を生成することができ、兄と共に闘う際には高い能力を誇る。
 店じまいした屋台にやってきたあからさまに怪しい依頼人。そして、霊気乱れる夜の街を屋台を引いて急ぐ麻呂の前に現れた妖魔の群れ、そして盲目の修行僧マテウス。共に故あって神の元を離れ、異端を討つ剣の本殿を後にした二人は対峙する。
 その剣もて夜の種族を殺戮することに意味はあるのか。秘密の聖杯戦争は必ず行われるのか。正しき心の持ち主の前にのみ姿を現すという天青石の杯の探索に……今、天誅蕎麦屋が推参する!

Player: LEDman さん (れっどまん)

 よっ、天誅屋!(チンドンチンドン) 前々からリクエストを頂いていたLEDmanさんと8回目にして遂に対戦仕る日が来ましたぞ。
 さァ全国の同志ソバスキーの皆さん思い出しましょう。「犠牲になるゲストが蕎麦を食べて汁を飲み干すと底に書いてあるのは“天誅”、そこでマカブルが飛ぶ」「『竜のすむ星』でドラゴンにも蕎麦を食わせた」などなど、オソロシイ噂ばかりが先行しているあの麻呂たまです。
 ちなみにこの日本邦初公開で明かされたのですが、ネーミングの由来は聖マロという聖人から名をとって麻呂にしているそーです。フランスにはそのままサン・マロという町もあるそうですね。すごいです。天誅屋、意外とまとm……
 (ゴホゴホ)い、いや、本作シナリオは作成の際、主な知り合いのキャストや僕自身のキャストで誰が似合うか想定して書いているのですが。
実はLEDmanワールドで想定していたのは文句なしでこの天誅屋麻呂たまでした。歴史上、何人かの錬金術師が生成に成功してきた本物の 賢者の石 の保持者。そして故あって聖母殿を後にした過去。
 実際のアクトでも物語にもベストフィット。愉快な連れを伴って屋台を引いたり、綺麗どころが集まって漢一匹両手に華になったり、登場人物ほぼ全員に蕎麦1杯(一部、2杯以上)を達成したり、とあるゲストとの対峙シーンはとてもシリアスになったり。シナリオの主題によく沿ってくれた台詞や行動も多く、剣の持ち手の座に相応しい探索者となりました。
 そうです。天誅蕎麦屋はよくキャストの言い訳に使われる「テクスチャーはアレだけど」、やればできるk……い、いやいやいや、かくて、大いなる探索の旅は始まるのです! (*゚▽゚)ノ

RL: 自分なので(ry

 今回は結成した勇者が3名。僕の初見の人でもう1人探すという話もあったのですが……万全を期し、予言に語られし正しき同胞に満たない3人で決行することにしました。
 3人だと分配できるリソースの総量がPL4人に比べ1.33(4/3)倍に増え、それぞれの見せ場を増やすことができます。余裕があるのでOPも1シーンづつ増やし、途中の展開もキャストに合わせていろいろ考えておきました。印刷し直すのが面倒なのでセレスタイトについては今まではやらなかったのですが、今回は3人なのでハンドアウト今回用の特別版 を作っています。


 付加情報はテキストにまとめてノートPCに格納し、今回は音楽も iTunes に統合しPCから操作予定でした。
 実は前回 iPod を使うのを試したのですが、ボリューム操作が慣れるまでなかなか難しいんですね。僕が持っているのは秋に乗り換えた iPod nano なのですが、ボリュームはタッチしてぐいっとまで行かないささっと滑らして動かすこの林檎な人だけにわかる操作がなかなか微妙なんです。
 ……などと予定していたのですが、アクトが出来る環境を求めて流浪の民と化した我らは当初とだいぶ違う環境で本番を迎えることに。机の大きさが足りないので電源を奪取後、ノートPCは諦めてiPod+スピーカーという構成で再度執り行うことになりました。まぁタロットも全て仕込み済みだし、シナリオチューンの分はだいたい頭に入っているし……私は負けない! Rのつく組織は! ひよこ帝国は! 負けないのだ!(;゚∀゚)=3


★     ★     ★     ★     ★


〜星杯探索の物語の欠片〜

流浪の民と化し、狭い部屋を越え、ようやくアクト開始。PL面々「やばい! このまではセレスタイトのBGMが浜崎あゆみ(だったっけ)になってしまう!」

★「蕎麦自重」「ダンテ自重」

★「同志ソバスキー認定」

★縁日で邂逅する楓と二人連れ。お付きのドラゴンが買って行ったお面は「ひょっとこ」

★死霊の戦士たちに振舞われる蕎麦。「ああ、美味い……」満足して成仏!

★今日も青い人は酷かった。「例のMIBは回りにおらんじゃろうな。いまどき黒服など、軌道人にはエレガントが足りん!(グルグル)」

★今回は純和風のジャパニーズスタイル3人、和服が2人におそばのだしのかほり。対する凸凹3人組も遜色なし。困った時のごまかしの合図は……「おほん」!

★両手に華でアレでソレで困る麻呂たま。「いやー、どうしてこうアヤカシってのは美人が多いんだろうな」

★獅子座生まれの楓おねいさん、同志発見。「いやー、あっしと同じでやんすね〜」

★「おまけ項目に大事なところが隠されている!」と見た探索者の中の人たち。社会:アストラルに社会:軌道にアームチェア諸々も活用してリサーチは実にスムーズに、ほぼ全項目総なめを実現!

★涙する天誅屋の中の人「今日は社会:真教が使える!(ホロリ」

★例によってなかなか調べてもらえない(ピー)。裏読みを進める8th聖杯探索チーム。「これで彼にはかつて(ピー)人で(ピー)時代に無理やり改造されたという悲しい過去とかそういうすごい設定が……あるとは思えん!」

★嗚呼、今回もエレがつトの星のさだめは変わらず。とあるゲスト「オレ、またスルー? (´Α`)」

★予言されし正しき同胞は4名。吟遊詩人の座に必要なのは乙女座の探索者。春日と仲間たちは3名、(ピー)率いるも3名。果たして、予言の真実は……?

★がつセンサーに補足され、(ピー)の一騎打ちロックオンからたびたび逃げ回る楓。「ウホッ! 鬼の姉ちゃん、や ら な い か」

★一度だけ鬼の腕力の本気で振るわれる炎を纏った天塵刀。斬ダメージで58点達成!

★夜のベルリンで行われた秘密の聖杯戦争。屋台の前でエレがつトに蕎麦早食い一本勝負。達成値は鬼姫17、(ピーー)20。生命の能力値でも1点勝っていたのが幸いした!

★「今日はお前の勝ちだよ」「おうおうおう。いや待てよ。これで終わりでほんとにいいのか?」

★春日のやってしまった一度だけのお茶目。インペリアルパークからの指令で宙御門家の力で宇宙に浮かぶ人工衛星は軌道を変え……そして星占いの結果を(ピーー)

★キャストからはお茶目認定された一度だけの(ピーー)のお茶目。同じく忘れられた(ピーー)に向かうために召喚されるのは……あらゆる次元界を超越する妖魔(ピーー)……「おほん」

★今明かされる杯のかつての探索者。アーサー・カーライル、安倍晴明ヒトラー総統、そしてもう黒歴史のFEIRの鈴吹社長。

★あらゆる願いを一度だけ叶えるというモニョモニョの魔力……その力でスズフキ社長はTRPG冬の時代を乗り越えたのだった。マーヴェラス!

★宙御門家の先人のお父様も、きっと探索者だったのだろう!

★英雄たちの眠る墓。黒歴史のハウンド細野隊長、ゼロ、千早俊之のバカには見えない墓、アムールたん、クサナギn代目。

★聖杯探索の成就。(ピー)に《真実》を飛ばす麻呂。シリアスなシーンの後……「あっしが叶えていいんだったら……もうちょっと(ピーー)」 みんな「やめろ! キャラが崩れる!」

★二人の剣の持ち手は聖母の元で再び出会い、夜の中をそれぞれの道へ……。ひよこ監督からもGJサインのシリアスしーん。さすが天誅屋、やればできるk(ry

★サロンを辞し、夜の中を歩む楓。その横で止まる天馬の引く馬車。扉の中から、夜の貴族は鬼の姫を招き……

★最後までがつセンサー、標的を見失い混乱。「ウホッ、や ら な い か」 しかしエレガントの壁に阻まれて登場失敗!

★学校生活の日常に戻った春日がいつものように訪れた魔法の店。全員が集まっての大団円のお供は……紅茶ではなく、今回は蕎麦!
 芸術的に蕎麦を打つ麻呂たま。お蕎麦を食べる軌道陰陽術師の少女。お蕎麦を食べる鬼のおねいさん。お蕎麦を食べるイタリア生まれの少女。お蕎麦を食べる小さい竜。お蕎麦を食べる修行僧。お蕎麦をエレがつトに食べる一匹。そして、馬車の音が近づいてくると……

★セレスタイト仕様のゴージャスなどんぶり。底に書いてあったのは「天誅」ではなく……「笑顔」。5+3=8人の物語……



 休憩を含め掛かった時間は約5.5h。全面的な(ピーー)が行われなかった中では十分なボリュームといえましょう。3人の少数精鋭で濃ゆく熱く遊んだので各キャストがそれぞれの個性を存分に活かし、見せ場も多く、一部(ピーー)を使い切らなくても十分に満足のいく物語となりました。

 本作では幾つかチャレンジングなことをしています。幾つか軸となるテーマも設定していますし、自動的に(ピーー)してくる安っぽい(ピーー)もいませんし、いかに伝えたいメッセージをキャストと中の人に伝えるかがRLの手腕に掛かっている部分もあり、自分にとってもチャレンジングな部分があるわけです。
時間を掛けて丹精込めて作るオリジナルのシナリオですから、他の誰でもない自分にしか創れないものでありたい、変な言い方ですが「GF誌の先月号のシナリオでもやっとく?」的な遊び方で接せられるシナリオとは根本的に思想が異なっている部分があるわけです。

 過去の聖杯探索行はほとんどが大成功となり意図をよく汲んでくれたPLさんは多かったのですが(前回が一部そうでなかったのが悔しくて仕方ない所)、では今回はというと。
 純和風の3名の勇者は物語の意図と雰囲気をよく汲み取り、理想的な形でそれぞれのキャストに相応しい行動をしてくれ、物語を美しい完成に導いてくれました。勇者の皆さんには感謝したいと思います。

 忙しい中で行った前回の7thが大成功には一歩及ばなかったのが物凄く悔しいのとジツはアクトの前日、仕事の疲れが溜まって僕が遂にダウンしてしまったりしたこともあり、不退転の決意でこのアクトに臨んでいたのですが。期待通りの結果を出すことができ、様々なちからを回復することができました。ふっかちゅ! ひよこ帝国軍は負けない!(;゚∀゚)=3


★     ★     ★     ★     ★


 かくて魔法の杯を求める旅は都合8回、正しき同胞の数にして四大元素の数の2倍にまで達するものとなりました。前作は約1年掛けて8〜9回だったので今回の約8ヶ月で8回は幾らか上回るペースですね。
 今後もリクエストのあった方中心に執り行っていく予定ですが……年末にはモニョモニョもあるし来年はゴニョゴニョもやらないといけないし公式でシナリオ集も出るそうだし同人誌のシナリオ等も少しは回したいし……はっ! そうするとPL回数が余計に減ってしまうではないか! Σ(´□`;)


おわり

〜蕎麦一丁なリンク集〜