Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

ベルリン・バイ・ナイト

 夜のペルガモン博物館は静まり返っていた。やがては帝都を覆う炎に傷つくこの場所も、現在はまだその壮麗な姿を留めていた。周囲には、人類世界の築いた偉大な美術品や歴史遺産の数々が並んでいる。
 ブーツの音高く歩いていた彼女は足を止め、心配そうに周囲の闇を見渡した。当時、悪夢の象徴でもあった黒の制服。鷲と髑髏の帽子、肩には鷲の絵、左腕には赤地に鉤十字の腕章。徽章には下向きの剣をルーン文字が囲んだ、どの戦闘部隊も保持していない奇妙な紋章。白い首筋を飾る襟元には、重ね稲妻のSSの印。
 彼女が帽子を取ると、軍務中はまとめている赤みを帯びた髪がふわりと広がった。秘密の会合を見守るのは神話の時代を描いた絵の中で、凛々しく槍を構える二人の戦乙女だけだった。
ワルキューレの絵の前で彼女が振り返った時、闇の奥から、優しい声が響いた。


「軍服姿も、ずいぶん堂に入って来ましたね」
「マイスター! 我が師よ、ああ、お久しぶりです」
 当時敵味方に恐れられ、総統以外の誰にも頭を垂れなかった親衛隊の制服を着た彼女は、だがそこで片膝をついた。胸に手を当てて深々と礼をする。
 そこにいたのは穏やかな老婦人だった。だが魔術の使い手や魔狩人であれば、うっすらと輝く紅い瞳と周囲に満ちる強い魔力に気付いただろう。静止した時の中で数百年の夜を見てきた時の女王、偉大なる夜の魔術師がそこにいた。


「そろそろ、闇の生にも慣れてきたでしょう。日中に出歩けなくなってから、不便はありませんか、我が子よ」
「はい、マイスター。魔術で何とかしています。それに我々アーネンエルベは夜に行動することも多いので。‥‥総統閣下も、夜のパレードが大好きでした」
「そう。ずいぶんと魔術品や美術品の収集に熱心のようね。大量に、国外に持ち出そうとしているそうじゃない」
 彼女はやや苦々しげにうつむいた。
「はい。アーネンエルベも今は親衛隊に編入されました。ヒムラー長官のご命令です。今夜も、汽車で密かにベルリンから持ち出すことになっています」
「そう……。それでも、空襲で焼けるよりはよいでしょう。時が経てば、人間の中で正しい使い手が見つけてくれるかもしれない」
 古き血族は、周囲に並ぶ自分と同じぐらい古い美術品の数々に目をやった。夜の民にしか理解できぬ美も、定命の人間にしか創り出せぬ美もある。
「――時が来れば、この博物館も炎の中に失われてしまうかもしれないわ」


 偉大なる魔術師は衣擦れの音も無く、大事に育てた弟子の下へそっと歩み寄った。
「時がないのが残念だわ。もっと時間があれば‥‥。薔薇十字団には旧い知り合いがいます。あなたを紹介することも、さらなる秘儀を教えることもできた。あの“セレスタイトの杯”の探索を、あなたに引き継ぐこともできたでしょう」
「天青石の杯ですか……。やはりマイスターも、実在とお考えですか? 我々アーネンエルベも名前だけは突き止めていました。“ロンギヌスの槍”の確保に手間取り、調査が止まっていたのです」


 ワイマール共和国の森の中の城で生まれた、生気に溢れた若い娘だった頃と同じように、生き生きとした豊かな髪。我が子のように弟子の髪を撫でると、強大な吸血鬼は静かに告げた。
「軍のつてを使ってもよい。魔術を使っても、どんな手を使ってもいいわ。
――しばらく、この国を離れなさい」
「……アウグスタ様。な、何をおっしゃって……?」
 突然の指示に彼女は戸惑った。


「お前のような賢い子なら、本当は分かっているでしょう。この国の人間でまだ理性がある者たちも、分かっているはず。――この第三帝国は、もうすぐ滅びるわ」
「マイスター。しかし、それは……」
 欧州の全ての夜を見てきた夜の貴婦人は、ゆっくりと首を振った。
「我が子よ。私から魔術を学んだ後、あなたが国を愛する気持ちから、軍に入ったのは分かります。けれども、時は移ろい、人の子の創る帝国は常に滅んでゆくの。
 永遠を手に入れた私たち吸血鬼も、間違いを犯します。人間と同じように。人間の王も間違いを犯すわ。第三帝国の王は大きな間違いを犯した。総統はもう、死の影を纏っています。私たち夜の民と同じように」
「それは……。確かに我が軍の劣勢は囁かれていますが‥‥」
「私たちヴァンパイアは神に背いた種族で、殺人者です。でも、それ以上の数の人間がこの戦争で死んでいるわ。故郷を遠く離れた遠いロシアの大地で、吹雪の中で多くの命が失われた。信ずる神が違うユダヤの民を根絶やしにしようとしているのは、あなたと同じ親衛隊の黒い制服を着た、狂った人間たちなのよ」
「はい。強制収容所の話は、時折耳にします‥‥」
 彼女は苦々しげに目を伏せた。昼の世界での人類史上最悪の虐殺は、この頃が盛んであった。
「新大陸の新しい国の軍が、もうすぐこの国にやってきます。帝国ご自慢の暗号器エニグマも、もしかしたらもう奪われているのかもしれないのですよ。アーサー王の末裔の国に」
「しかし……マイスターは、アウグスタ様はこの先、どうなされるのですか?」
 彼女は懇願するように、師匠に尋ねた。師ほどの人物が自分の話をしないのはおかしい。


 老婦人の姿をした夜の魔術師は寂しそうに微笑み、続けた。
「私はもうしばらく、この国に残ります。私のチャントリーには強力な魔術品が幾つもあるわ。無知な人間の手に渡す訳にはいきません。
 この国に鉤十字の旗が立つずっと前、ワイマールやプロイセン、その前の神聖ローマ帝国の時代から、私が住んでいたのはずっとこの土地でした。もう、離れるには年を取りすぎてしまったわ」
「では……ここで、マイスターとお別れをと、おっしゃるのですか‥‥?」
 冷酷な怪物に変じた吸血鬼は涙を流さぬとも、血の涙を流すとも言われている。だが彼女の青灰色の瞳には涙が溢れ、黒い制服を濡らした。


 師は首から護符を取ると、弟子の手に渡した。自らの尻尾を噛んだウロボロスの蛇のメダル。錬金術と永遠を示す象徴。
「さあ、これを持っておゆきなさい。時が我ら夜の民の味方をしてくれます。幸運が私たちの元にあれば、またどこかの地で、別の時代の夜に会うこともできるでしょう」
「アウグスタ様……」
 護符を握り締め、言葉を失う彼女の前で、時の女王は優しく言った。
「リーゼロッテ、我が愛しい子よ。あなたは私が今まで育てた弟子の中で、一番優秀な魔術師だった。
 さあ、おゆきなさい。ここにいては怪しまれるわ――」




◆   ◆   ◆   ◆




 黒い軍服に身を包んだ兵士たちは、車の前で主の帰りを待っていた。いずれも長身、金髪のアーリア人の若者たち。祖国の勝利を信じて疑わないゲルマン人の勇士たちは、上官を認めた。髪を後ろで束ねながら、女性士官が出てくるのを見た瞬間、全員が一斉に姿勢を但し、かかとを音高く打ち鳴らす。


「ハイル・ヒットラー!(総統万歳)」
 一斉に右手を高々と掲げて敬礼し、続けて一人が言う。
「リリエンタール少尉。汽車への金塊と荷物の積み込み、予定通りです」
「ああ……そうか」
 今夜の秘密の任務のために秘匿された特務部署から来たという少尉殿は、ナチス式の敬礼をしなかった。後方支援員でなく士官での珍しい女性、しかも年上の美人。いつも毅然とし、夜にしか現れず、どこか謎めいた少尉殿は若い兵士の間でも密かに噂になっていた。だが、その少尉殿がどこか元気がない。
「列車の護衛の方は、我々武装親衛隊にお任せください。……少尉殿。どうかなされましたか?」
「ああ……いや」
 彼女は迷いを振り払うように、髑髏の徽章の帽子を被り、決然と言った。
「よし、車を回せ。駅へ向かう」
「ヤボール!(了解)」



 フォルクスワーゲンのエンジンが唸り、車は夜のベルリンを走っていった。夜の帝都にはそこかしこに鉤十字の旗がひしめき、そして頭上には、位置を違える前の星々が、地上世界を照らしていた。
 西暦1943年。帝都ベルリンが瓦礫の山に変わる、しばらく前のことであった。






Tokio NOVA die Detonation

『セレスタイトの杯』


星々の定める刻、しばし待たれよ。