Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

『ユメノカケラ』作成メモ


真のヒロインと真のPC1が活躍するオンラインアクト『ユメノカケラ -PandraBox-』が無事公開となりました。
今日は作成メモを残そうかと思います。



■色使い
Webデザインの配色集の本をいつも参考にしていますが、今回は季節に合わせて、夢と希望の砦である遊園地の物語に合わせて、明るい色使いにしました。

#FF9999 薄い朱色
#99FFCC 青緑
#FFFFCC 薄い黄色
#66cc66 濃い緑

前作『ネヴァーランド動乱』とだいたい似通っているのですが、温かな朱色から今咲いている桜を、緑から新芽を連想する方もいるでしょう。


■フォント
Medusa
Percolator Expert

 パンドラの箱を扱ったシナリオに大きく関わってくるギリシャ。手元に何かギリシャっぽいものはないか‥‥と考えて、横に長くファンタジーぽくてぐにゃっとしたその名もメデューサというフォントを使うことにしました。どこかで見たことのある方もいるかもしれません。
超大昔ですがパソコンゲームRPGが始まった頃の黎明期の名作、『ブラックオニキス』のタイトルがこれを使っていた気がします。(うわ、激古)
 パーコレイター・エクスパートは副題の -Pandra Box- や -Mikonagi Max- に使っています。これは何年か前の洋ゲー Vampire: The Masquerade Revised に使われているフォントです。綺麗なので数種類あるものを取っておいています。


ギリシャ
 手っ取り早く何かないものかと考えて探した結果、フリー素材サイトでギリシャ風っぽい横線を見つけたので使いました。タイトル画像、各シーンのカット画像、ページ最後のライン画像、区切り画像に使っています。


■各キャストごとの区切り画像
酒井美咲:
中の人本人に直接確認を忘れましたが、外出するときのコートが赤いこと、そして真のヒロインであること(ここ強調)から、イメージカラーは赤としています。なんと今回、めでたくほりのイラストがつきました! これで真のヒロイン間違いなし!(ここ強調)

Coda:
中の人へのヒアリングではくすんだ銀となっています。彼の髪の色、そして重度にサイボーグ化された義体という特性からもぴったりでしょう。彼だけ、ファンタジー色を感じさせない硬いフォントにしました。3名の中で唯一乾いたニューロエイジこそが似つかわしいCoda先生こそ。真のPC1に覚醒するにふさわしい!(ここ強調)

琴音=フェンデル:
濃い緑と薄い金と、既にイメージカラーは決まっています。(彼女の瞳と髪の色と同じ。) ケルト風のフォントを使ってCrystal Singer の文字を作りました。


■イラスト
 ほりの皇子+修行する人のキャストイラストを本文中に使いました。舞台裏ではたくさんおまけ画像を使いたいのですが、いやー、埋葬しちゃったからもう見えないなぁ〜(ノ∀`)


■おまけ
 時間の制約から今回はFLASHトレイラーはつかない代わりに、次回予告のページを入れました。突然の黒背景のページで次回作をご期待くださいませませ。目標は火星ネクサス!