Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

突発スラノバオフ2日目

 またも桜の美しく舞う公園。今度は最近勢力を増しているGrayRoom御一行様のスラノバ組がblogの記事ネタ確保も兼ねて開いた集まりにゆくのでした。

『朝のない夜明け』

”Don Juan”ジョバンニ・カルニーニ (フェイト◎, エグゼク, カブキ● フェイト:ボギー 25/Male)

http://hatabata.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/nova_d/db.cgi?mode=profile_mode&number=6
 莫大な資産を持つ名家カルリーニ家を継いだ若き当主。かなりの世間知らずだが探偵を始め、愛読する浪漫小説の探偵たちと同じように、全ての女性に笑顔を取り戻すために活動している。『月刊浪漫倶楽部』でも妄想の中にたゆたう私立探偵と紹介された。(うそ)
 門から邸内まで10分ほど掛かるカルニーニ邸。ロシアのゴエルロに赴いてくれという手紙は、クラインザンテというニューロからのものだった‥‥
PL:(はた)×弐 【Sword Dancer
▼はたどんのいつものジョヴァンニです。天色さんが興味深そうに見ていました。そうですよ。これがはたこずむなんですよ!(くわっ!) 「気高く戦う貴方は美しい」とリリーにも歯の浮く台詞を言ってきたので、「ジョヴァンニの回りにはいつも女の人がいるけど、どうして今日はいないのだ?」といつもの反応で返すことにしました。てへ。

”教官”東雲 藤市郎 (イヌ◎, クロマク, ミストレス●, 37/Male)

http://hatabata.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/nova_d/db.cgi?mode=profile_mode&number=223
 旧体制時代のハウンドで活躍、新体制に嫌気が指して去ったものの危なっかしい新米たちのために戻ってきたベテラン隊員。腹心の新米隊員は熱心に研修に励む戦隊物マニアのオトメ、“ひよっこ”美作 鈴。(イヌ◎, マヤカシ, マネキン● 22/Female)
 二人が赴いたのは吹雪の舞うロシア。エニグマ相当のやる気がゴエルロを救う!
PL:星読むおん 【Rylical System Ver.4.15
▼最近Blogが別サービスに移行した、一心不乱&らいとぽいんたぁのむおんどのです。とりあえず記事で春始まる新アニメの特集をやっていたので僕も参考にしています。(エー)
 さあリリカル分が満ちている教官&鈴ちゃんの凸凹コンビが今日もやって参りました。ちなみにアラシSSSのドリー夢チームに精鋭を募集していてむおじゃどのも来れそうだったのですが、スケジュールが合わず断念だったのです。リリカルなタチコマが見れませんでしたが‥‥エムなタチコマで頑張るよ!(謎)

“裏切り者”マディン (バサラ◎, ハイランダー, アヤカシ● アヤカシ:キンスレイヤー 超人/Male)

 人間の青年の姿をした永生者のアヤカシ。空気中の火気から爆弾の使い魔を呼び出し、相手を破壊する異能力を持つ。聖母殿に雇われてアヤカシを狩り、人間に雇われて人間をも狩り、自嘲をこめて自らを裏切り者(ベトレイヤー)と呼ぶ。御門忍に依頼され、ロシアに赴くのだが‥‥?
PL:天色在人(てんじき・あると) 【/N◎VA
▼Gray Room御一行のミストレス担当の天色さんです。略して天さんだそーです。なんか田中天みたいですね。
 代表キャラの天美おねえさんはオフで目撃しましたが、今回は超人&アストラル分を担当したマディンを目撃。うちのリリーとコネが繋がったので狩られたらどうしようとブルブルしていたのですが(一部嘘)、アクト中はいい人でした。
 後半だんだん超人度&アストラール度が上昇。はっ! 別に僕が期待するような目で見ていたなんて‥‥ごめんちょっと見てた(爆 砕)

“銀の百合の”リリー・クローデット (アヤカシ◎●, アラシ, バサラ アラシ:マシン・バディ 17?/Female)

 ヨコハマLU$Tのコロッセオ閉鎖後、愛機ジークフリートと共に諸国漫遊(嘘)の旅に出ていた少女。透き通るような銀髪、重度の天然で傭兵部隊におよそ似つかわしくない娘だが、実は‥‥
 かつてのライバル、トーラスの機体がロシアで発見されたのだが‥‥?
第3回Gray Roomオフ でどこかの勇者エムどのにハァハァで経験点を渡されてしまったリリーです。アラシSSSのPLができない腹いせにアラシ枠はシナリオ登場度が少ないので、PC4をもらうことにしました。これでGrayRoom御一行と遭遇する時は偶然PC1が多いという偶然の事実に終止符を打てます。
 とりあえず偉い人の部屋に壷があったのでウォーカー乗りとして反応してみました。せっかくなので追加アウトフィットの“斬機剣”を使ってみましたが、威力はありますね。

RL:Cactus (カクタス)

 Gray Room御一行様のCactusさんです。御一行様には珍しい長髪のオサレさんでした。CactusというとJ2EEのサーバーサイドJavaのテストツールみたいですね。なんちゃって。とりあえず経験点がハァハァに1点でなかったので僕の中でいい人に認定です。(こっそりとリベンジ)
 アルさんと並んで偵察が及んでいなかったので、よい機会となりました。シナリオはハイランダーSSSの前編の事件の背後にあったもうひとつのロシアの物語‥‥というもの。しかも前の日に僕はRLしています。なんという偶然!(笑) その時もクラインザンテは助かったのでよい2連続アクトになりました。
 マスタリングスタイルは描写や細かい演出にこだわるタイプではないのですが、シナリオの方がアクト毎に結末が違ったものになるギミック的な仕掛けに凝ったものになっていました。天色さんが周知で入るのに面白そうにしている理由が、終わった後で分かりました。


 その後は別室にいたアイスブラッドさん、アルさん、あえて頭文字を記すならば勇者エムどの、かーらい首領が侵入。僕も 前に 遊びましたが、彼らは2アクト目でシンジケートの誇る(?)ガンスリなしなりおの『生み落とされた人形の魂』を、各自のハウンドの代表キャラでやって蝶☆満足していたよーです。スラノバ組が入ってきて一番最初にやったことは

「俺たち超カッコEEE!」
 と叫ぶことでした。ニヤニヤニヤ。

 そしてカラオケボックスは本来の用途に。僕は聞きながらずっと『フロントライン』の読み込みとイメージングとキャスト陣構成を考えていたのですが、曲はほとんどロボアニメで埋められてアツイことに。前から時々話には出ていましたが、スラノバ組は『アーマード・コア』や『Another Century's Episode』が好きな人が多いですね。ということで、今度のキャンペーンのBGMにはA.C.E.と種も加えようとふと思い立つのでした。
 その後はファミレスで食事に。フロントライン参加組はコネの調整やデータ確認も行い、小隊名も幾つか案が出て万全の体制になるのでした。次は唯一偵察の及んでいないアルさんを偵察することを秘密の野望にしつつ、突発オフは終わるのです。
 皆様お疲れ様でした。プレイ日記が以下にあります。