Rのつく財団入り口

元はTRPG系のWebサイトの入り口だったブログです。最近のIT本の感想など。

キャスト使用回数集計

 最近はblog系サイトでキャストの創り方や使いたいキャストや使えるキャストの話が続いているので、興味深く見ています。もう年末なので1年間もしくはDetonation以降のアクトや使用したキャストを振り返る話もあちこちで出ていますね。
 ここで自分のキャラの話をするのもナンなので普段はやらないのですが。僕はキャスト間コネなどの記録を取っているので、さくっと分かる限りでアクトでの使用回数を数えてみました。

1位 “デス・ロード”アレックス・タウンゼント(Kabuto=Kabuto◎●, Vasara) 13回+ゲスト2回
2位 “星影の猟犬”静元 星也(Inu◎, Mayakashi, Kabuto-wari●) 9回
3位 “金龍の瞳”ミア・ウェイ(Fate◎, Kabuto-Wari, Vasara●) 8回
4位 (“元広報部の華?”)静元 涼子(Tailkie◎, Mistress=Mistress●) 6回
5位 “銀の百合の”リリー・クローデット(Ayakashi◎●, Arashi, Vasara) 5回+ゲスト1回?
6位 “クリスタル・シンガー”琴音=フェンデル(Kabuki◎, Mayakashi=Mayakashi●) 3回+ゲスト2回
7位 “双焔殺手”トニー・ウェイ(Charisma◎, Kage, Kabuto-Wari●) 1回
番外 その他新造 1回
番外 その他 ひよこくん ゲスト4回(謎)
番外 黒歴史D以前からコンバートしていないキャラ 0回


 事実上の代表キャストのアレクぽんは重要なアクトにはよく使うし登場を請われることも多いので、1位なのは納得のいくところ。あとは導入頻出スタイルから順に並んでいるので順当な結果となりました。D時代になってからフェイト枠用に新造したミア姐さんが導入の拾い易さもあって伸びています。機捜課がデフォルトのD時代でも財団でイヌというと生安課の星也くんなのですが、最近それほどは使ってなかったような気がするのですがイヌ枠が地味なシナリオなどでも地道に回数を増やしていたようです。
 僕はキャストの数を制限する代わりに、設定やイメージは事前にかなり作り込んでから使っています。まあ正直言えば礼儀としてアクト中に他のキャストや他のPLを尊重していることには自信がありますし、今までの活動から得たなんというか名声のようなさむしんぐもあるので他の方とは一概には比べられませんが。
 駄目ネタ話を除けば参加を断られたり嫌がられたり使えなかったキャストというのはいませんし、多くのアクトで歓迎さえされています。ありがたやありがたや。(はは〜) 構想中のもいるので来年は新キャストを作るのだ〜!