Rのつく財団入り口

最近の本や技術系の話などを書いてます。元はTRPG系サイトの入り口でした。

英傑作成の記録:天原久音

「さても面妖な、これも妖異の仕業なのでしょうか」


氏名:天原 久音 (あまはら・くおん)
性別:女性 年齢:二十歳
種族:人間 かばぁ:僧侶
外見
 瞳の色:灰 髪:艶やかな黒髪
 肌の色:色白 身長・体重:五尺一寸(154)/語らず
らいふぱす:
出自:ご烙印 →特徴:高貴な志 理知と意志判定+1
境遇:救済 →宿星:人を救う
邂逅:好感 →こねくしょん:玉梓 関係:好意

くぃっくすたぁと:闇を払う者
朱雀/1 陰陽師/1 神職/1

くぃっくすたぁとからの変更点:

神職特技《神祭具》にて取得する神職装備を玉串→採物(扇子)に変更
《五行呪:金行/木行》に適用済みのだめぇじ+2が消滅、【魔導値】+1
陰陽師特技《術法具》にて取得できる陰陽師装備で五行弦(五弦琵琶)を取得
【魔導値】+1


19世紀の文化華やかなりし化政の時代、大江戸のはずれにある月読神社に務める巫女。
 遠く三重に本家があるこの神社では、かの天照大御神の弟神にして月と夜の神月読を祭っている。ここで神職に従事する傍ら、近所の子供たちに読み書きや音楽を教えている。
 元はさる家門の子女だったがその異能力の素質を認められて神社に引き取られ、神道陰陽道の技を学んだ。
 ある時近所の寛永寺に出かけた際、ただの白犬であるかに見えていた少女、玉梓と邂逅を果たす。当時お江戸で人気が出始めていた南総里見八犬伝に語られた伝説の幾つかが、真実であったことを久音は知った。名剣村雨丸の探索こそが英傑の使命であり、自らもまた英傑の宿星の下にあることを教えられた彼女は闇を退け、人々を救うことを決意した。

続きを読む