Rのつく財団入り口

最近の本や技術系の話などを書いてます。元はTRPG系サイトの入り口でした。

【雑記】ブログ復活後1周年:ブログを続けて良かったこと

ブログを続けて良かったことを振り返ってみよう

 ここではブログ記事のネタとしてはありがちですが、再起動後1周年記念にせっかくなので良かったことを振り返ってみようと思います。10個にするときりの良い記事タイトルになりそうですが11個になっちゃいました。

続きを読む

【雑記】ブログ復活後1周年!

 猛暑が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。ここは記念のエントリです。当ブログは2017年7月下旬にはてなダイアリーから移行して復活、1年が経過しました。アクセスしていただいた皆さん、読者になっていただいたり☆をつけていただいた皆さん、Twitter上でリアクションを頂いた皆さん、その他オンライン/オフラインでご縁があった皆さんありがとうございます。
 今回は勝手に1年を振り返ってみようと思います。

続きを読む

【イベント】転職成功LTが盛況だった話

勉強会イベントに行ってきましたよ

 さて先日の2018/7/19(木)、VTRyoさんとはっせーさん主催のconnpass上のグループ「SI業界出身のWEBエンジニアたち」のメンバーが主に集まった、転職に成功した人たちが成功体験LTをするイベント『転職成功LT』が盛況のうちに終わりました。
 最後にあるリンク集で皆さん既にまとめられていますが、自分視点からもまとめておこうと思います。

ex-sier.connpass.com f:id:iwasiman:20180727222434p:plain

続きを読む

【イベント】楽しいレガシーSIer出身者の飲み会→しがない勢的な飲み会でエモくなった話

エモ〜い飲み会の話

 しばらく前の話ですが、ここはイベントの記事です。結局飲みに行っただけやないか!という話ですが、いつもの読書記録とは趣向を変えて若干ネタ気味に記録に残しておこうと思います。

続きを読む

【感想】Node.js超入門【JavaScript】

サーバサイドJavaScript Node.js に超入門する本

 JavaScript界隈の開発だと必須のnpmのインストール前に出てくるので、さらに必須となるJS実行環境のNode.js。もはや基本OSみたいにフロントエンド開発の根幹でいつも使われていますが、JavaScript周りが流行っている割にNode.jsをメインに扱った本をあまり見かけないので最近のものを1冊読んでみました。
 作者は超入門シリーズなどで知られる掌田津耶乃さん。479ページと厚め。中は電子書籍でもカラー刷りで見やすいです。初心者向けの入門書というのを意識してか、文章も簡単め、感嘆符多め、図解多めでプログラミング経験者であればかなりさくさく読めます。

続きを読む

【感想】基礎から学ぶ Vue.js【JavaScript】

基礎から学ぶVue.jsの猫本

 皆さんこんにちは。設計図共有サイトは活用してますかー?(挨拶)
 そんな、MS傘下になった設計図共有サイトの vuejs/vue に本体があるVue.jsがついにスター数10万突破、Reactも10万を越えました。Vue.jsは2018年現在ネットでも目にすることが多くなり活発になってきましたが、発売前から話題だった本書の感想をば。自分の観測範囲だとTwitterでも発売前後、けっこう反応がありましたね。
 著者はWebデザイナー/Webエンジニアとして活動中のmioさん。本の大きさは『JavaScript本格入門』とか『パーフェクト〜』とかの一般的ながっしりした技術書より一回り小さいA5サイズ、手軽に手に取れます。表紙のVロゴより目立っているにゃんこは本文中でもたびたび登場、中もカラフルで図表も多く、とても読みやすいです。一部では猫本とも呼ばれている模様。チェリー本とかサイ本とか忍者本とか金魚本とか技術書もいろいろありますね。

基礎から学ぶ Vue.js

基礎から学ぶ Vue.js

note.mu mio3io.com

続きを読む

【感想】JavaScript フレームワーク入門

 最近話題になることも多いJSフレームワーク群。必要になってフロントエンド急速強化月間中なので電子版も出たのを機に読んでみました。
 著者は各種超入門シリーズなどの掌田津耶乃さん。前に記事にも上げた『EclipseではじめるJavaフレームワーク入門 第5版 Maven/Gradle対応』 のように、1章ごとにひとつひとつのフレームワークを解説、粒度は大まかに留めて、AltJS言語としてTypeScript、各種周辺ツールも含めてJavaScript界隈の世界全体を概観できる本となっています。370ページクラスと厚め、刊行は2016年9月。電子版は中が2色刷りで見やすいです。

続きを読む